SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

約80%が「初来店」と回答!東急リバブル×メルカリの新たな来店促進施策に迫る

 東急リバブルは2019年9月より、メルカリと協力して営業店舗のスペースを活用した「メルカリ教室」を実施。参加者アンケートでは83%の方が“初めて来店した”と回答し、新規層の来店促進に繋がった。同施策について、取り組みの背景や詳細、成果について東急リバブルの今井氏に話を聞いた。

シニア層と店舗の接点を創出

MarkeZine編集部(以下、MZ):今回東急リバブルの店舗で「メルカリ教室」を開いたと聞いています。その理由を教えてください。

今井:私が所属する営業推進部では、営業現場でお客様に最適な提案ができるよう、日頃から様々なサービスの開発を行っており、そのための新しいアイデアを日々探しています。

 そのアイデア探しの一環として、通勤電車内にてスマホで観ていたテレビ東京の情報番組の中で、「終活」特集をしていたんです。終活を考えるシニア層は不動産売却を検討する可能性がある人が多いので、何かヒントがあるのではないかと、興味を持って観ていました。

 すると番組の中で、シニア層に「ものを捨てるのではなく譲る」方法としてフリマアプリ「メルカリ」の使い方を教える取り組み「メルカリ教室」が紹介されていたのです。これはおもしろいと思い、メルカリさんに問い合わせたのがきっかけです。

東急リバブル株式会社
流通事業本部 営業推進部 戦略企画課 係長代理
今井立展氏

MZ:御社のターゲットになりそうな、シニア層に対する接点を設けるために「メルカリ教室」の開催を決めたということでしょうか。

今井:おっしゃる通りです。東急リバブルの店舗の多くは、駅周辺で徒歩圏内の好立地ですが、不動産のお取引というのはそう頻繁に行われることではありません。そのため、店舗があることを知られていないケースも多いです。

 また、不動産という高額な資産のお取引をする場でもありますので、とっつきづらいというイメージが強く、知っていたとしても店舗に入るにはハードルが高いという課題があります。

 そこで、メルカリの使い方を教えるという、不動産とは直接関係のないところからアプローチして来店するという体験をしてもらいたいと考えました。

店舗の有効活用で地域振興のきっかけに

MZ:確かに駅から近くて立地が良い店舗だと、相性も良さそうですね。

今井:そうですね。加えて、店舗の内装も高級感のある雰囲気作りを心がけていますし、プライバシー性の高い打ち合わせ室もあります。そのため「ものを売るのをあまり周りに見られたくない」といったニーズにも応えられると考えました。

MZ:シニア層との接点を広げる以外に、「メルカリ教室」を開くに至った背景はありますか。

今井:もう一つの狙いとしては、店舗の有効活用という目的も背景にあります。不動産のご相談を頂くのは土・日・祝日の休日が多いので、それに比べると平日は店舗スペースにゆとりがあります。せっかく好立地の店舗でも活用していないスペースがあるのはもったいないので、平日の店舗活用策としても有効なのではないかと考えました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
実際の教室運営、集客はどうした?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/11 08:00 https://markezine.jp/article/detail/32817

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング