MarkeZine(マーケジン)

記事種別

米国の先を行く、移動スーパー「とくし丸」の万能方程式

2020/02/25 15:15

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたデジタルインテリジェンス発行の『DI. MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回は、日本ならではの「三方良し」を体現する「とくし丸」事業のビジネスモデルから、米国の先を行く新プラットフォームのあり方について言及する。

目次

※本記事は、2020年2月25日刊行の定期誌『MarkeZine』50号に掲載したものです。

「とくし丸」から読み解く日本市場らしいイズム

 米国でも見当たらない、日本ならではの「三方良し」のビジネスモデルを見つけて感動した。買い物難民を支援する移動スーパー「とくし丸」をご存じだろうか。徳島県発で、過疎地の「買い物弱者」が周辺に存在する「中小スーパー」と商品供給の契約を行い、その商品を移動販売車を持つ「個人事業主」に任せる独自の手法により、契約地域を全国に拡大してきた。2012年にトラック2台で創業し、2016年にはオイシックス・ラ・大地が買収。現在では「コンビニより便利な」チェーン事業として、2020年3月末には全国で500台を突破する見込みで資金を再投資している。

 この「とくし丸」事業のビジネスモデルは、本連載を通して度々伝えてきた「MAD MAN(筆者)流の目線」(図表1)がすべて含まれている。日本市場らしい世の中に価値を提供するイズムであり、だからこそ「万能な方程式」として世界でも通じると思える。その気づきを解説・共有したい。

図表1 MAD MAN流の目線(タップで画像拡大)
図表1 MAD MAN流の目線(タップで画像拡大)

この記事は定期誌『MarkeZine』購読者限定です。お申し込みをされますと続きをご覧いただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5