SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Direct Tech、インフルエンサーD2Cラボを設立 商品企画~販売までD2C事業をトータル支援

 ベクトルの子会社であるDirect Techは、インフルエンサーとの協働による商品の企画開発・製造からブランディング、販売、物流まで、事業投資も含めてトータルでプロデュースするD2Cプラットフォーム「インフルエンサーD2Cラボ」を設立した。

 同プラットフォームは、D2C事業に必要な機能・サービスをワンストップで提供し、同時にインフルエンサーが持つ世界観をブランドコンセプトや商品特徴に落とし込むことで、情報発信力を活用したD2C事業を共同で展開するものだ。

 Direct Techではこの設立にあたり、ツインプラネット、アソビシステム、クロスリング、エイチジェイ、N.D.Promotion、パペルックといったインフルエンサー・マーケティング各社と連携。

 各社に所属するインフルエンサーと協働すると共に、デジタルネイティブな世代に向けた世界観の醸成において各社の知見を結集し、オリジナルブランドをプロデュースしていく。

 なお第一弾ブランドとして、SNS総フォロワー数350万人のYouTuber「さんこいち」メンバー古川優香氏とコスメブランド「RICAFROSH」(リカフロッシュ)をプロデュースした。

【関連記事】
サイバーエージェント、タレント・インフルエンサーのD2C事業を支援する専門組織を設立
電通、米国のMuteSixを買収 D2Cマーケティング&ソーシャルコンテンツサービスを強化へ
マルイ、デジタル・ネイティブ・ストア戦略の一環として、D2CブランドFABRIC TOKYOへ出資
本田事務所とベクトル、成長型PR人材データベースを3月から共同で運営開始 スキルアップも継続的に支援
インティメート・マージャーとベクトル、個人データ保護分野の事業を展開する新会社設立へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/02/28 07:00 https://markezine.jp/article/detail/32965

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング