SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ギブリーとLINE、SMB領域における戦略的パートナーシップ契約を締結

 チャットボット型マーケティングツール「SYNALIO(シナリオ)」を提供するギブリーとLINEは、LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」およびLINEが提供する各種法人向けサービスのSMB領域におけるパートナーシップの強化を目的に、戦略的パートナーシップ契約を締結した。

 SYNALIOは、Webサイトや各プラットフォームにチャットボットを設置することで、そこから得られる会話データと、サイトの閲覧履歴や流入経路などから得られる行動データの分析、活用を可能にするツールだ。サイト訪問者を見える化することで、一人ひとりにパーソナライズされたコミュニケーションを提供する。

 ギブリーでは、LINE公式アカウントとSYNALIOを連携した「SYNALIO for LINE」をリリースしており、LINE公式アカウント上での会話データと行動データを活用したユーザーとの1to1コミュニケーションを支援している。

 この提携により、ギブリーはLINEからの特別な支援プログラムの提供を受け、両社において協力体制を強化する。両社は、LINEの各種法人向けサービスのSMB領域における普及の推進、サービスの改良、共同商品開発、共同イベントなどを互いの協力のもと展開していく。

【関連記事】
新型コロナウイルスへの職場での対応、推奨含め「イベントや集会の中止」が最多【LINEリサーチ調査】
ユニークビジョン、LINEを活用した「レシート応募キャンペーン機能」をリリース アサヒビールが活用
CtoCアプリはメルカリとヤフオク!が2強/購買につながるSNSはLINE【ジャストシステム調査】
LINE、「LINE広告ネットワーク」において動画リワード広告を提供
transcosmos online communications、LINE通知メッセージ導入を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/16 17:30 https://markezine.jp/article/detail/33023

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング