SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップとtoBeマーケティングが協業 Google・Salesforceの製品連携で支援を強化

 アイレップとtoBeマーケティングは、Google マーケティング プラットフォーム(以下、GMP)とSalesforce Marketing Cloud(以下、SMC)の連携によるOne to Oneマーケティングの推進に向け、協業を開始した。

 アイレップは、GMPの各製品とデータ解析を組み合わせたマーケティング支援を提供してきた企業。一方toBeマーケティングは、マーケティングパートナーとしてクライアント企業のマーケティング成果の最大化に向け支援を提供してきた企業であり、SMCを駆使した課題解決に強みを持っている。

 今回の協業により両社は、互いの知見・ノウハウを活かしたサービス提供や組織力の強化を図ることで、GMPとSMCの連携を通じたOne to Oneマーケティングをチャネルを横断して推進し、クライアント企業における顧客エンゲージメント・LTVの向上を推進していく。

 具体的には、Googleアナリティクス360をはじめとするGMPの各製品との連携により、SMCによる精度の高いOne to Oneマーケティングを実現する。またその他のデジタルマーケティング施策と掛け合わせることで、クライアント企業における統合的な課題解決に注力していく。

【関連記事】
Salesforceが「Print of Things」と連携 パーソナライズされたDM発送が可能に
Salesforceと基幹システムを低コストで連携 パナソニックISがサブスク型サービスを提供開始
トランスコスモス、テラスカイと協業へ Salesforceの導入・構築を短期間で行う体制を構築
クラウドエースとDACが合同事業を開始 企業におけるGoogle技術活用を支援
CCI、地方新聞社のDX推進サポートを開始 Googleソリューションの導入を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/04/15 07:00 https://markezine.jp/article/detail/33217

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング