MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通PR、オンライン記者会見などをはじめとした「オンラインコミュニケーション」の支援体制を強化

2020/05/07 17:15

 電通パブリックリレーションズは、オンライン型やリアルとオンラインのハイブリッド型など、企業・団体の様々なコミュニケーション活動を支援する体制を整備・強化した。

タップで拡大
タップで拡大

 同社はオンライン記者会見や株主総会、その他オンラインを活用したコミュニケーション活動における中継システムなどのハード面と、リスクコンサルタント/ブランドチームなどによる、ストーリー作り、スピーチライティング、Q&A作り、スライド制作などソフト面のコンサルティングを手掛けている。

 今回の動きは、こうしたオンラインによるコミュニケーションが、コロナ収束後も通常化することを想定したもの。顧客のコミュニケーション活動のDX推進を、ハード・ソフトの両面から支援していく。

【関連記事】
電通サイエンスジャム、フルリモートで脳波計測ベースの感性評価実験ができるサービスを開始
電通グループ3社、「オンオフ統合クリエイティブワークフロー」開発 デジタル・マス広告の効果を最大化
国内電通グループ、DX領域の機能強化に向け、モンスター・ラボ社と資本業務提携
電通テック、MAツールパッケージ 「Direct→One × HIRAMEKI」を公開
電通テックとMDIが協業 プライバシー保護に対応したプロモーションサービス提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5