SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

中国など14の国・地域でAndroidのシェアが80%以上に【アウンコンサルティング調べ】

 アウンコンサルティングは、世界40ヵ国・地域における各国主要モバイルOS・機種のシェアに関する調査結果を発表した。

【OSシェア】SamsungやHuaweiのシェア増加にともないAndroidが伸長

 OSシェアにおいて、2013年以来7年ぶりに中国のAndroidのシェアが80%を上回る結果に。その他、フィリピン、インド、ブラジルなど、中国を含む計14の国と地域でAndroidのシェアが80%以上になった。この結果から、該当国のSamsungやHuaweiのシェアが増加しており、機種シェアと相関関係にあることがわかる。

Androidのシェアが80%以上の国と地域
  • アジア:中国、インドネシア、フィリピン、インド、イラン、トルコ、アラブ首長国連邦
  • 南アメリカ:メキシコ、ブラジル、
  • ヨーロッパ:ポーランド
  • アフリカ:エジプト、ナイジェリア、南アフリカ
タップで拡大
タップで拡大
タップで拡大
タップで拡大

【機種シェア】アジアなどでAppleから安価なブランドへのシフト傾向

 前回調査では、Appleが全体的に減少傾向だったが、今回の調査では、Appleに代わり他機種が2位以内にランクインしている国がいくつか見られた。該当国は以下のとおり。

  • マレーシア:Apple→Huawei
  • インドネシア:Apple→Oppo
  • アラブ首長国連邦:Apple→Huawei

 これらのOS・機種シェアの推移を見ると、Appleなどの比較的高価な機種から、SamsungやHuaweiなど、安価なブランドにシフトしている。特に、アジアや南アメリカ、アフリカの国と地域ではその変化が顕著に見られた。

【調査概要】
調査主体:アウンコンサルティング
調査期間:2019年3月~2020年3月
対象国:OECD加盟主要国を中心に抽出
各国人口参照元:Worldometers.info
OS・機種データ参考:StatCounter
スマホ普及率参考:Consumer Barometer with Google

【関連記事】
新型コロナで売上減少も「新たなビジネスチャンスが生まれた」30%【マーケター600名調査】
緊急事態宣言前と比べ約6割が受注数減少/テレワークが電話営業に影響【Mtame調査】
ヴァリューズ、中国の消費者ニーズがリアルタイムに分かるオンラインインタビュー調査サービスを開始
コロナ禍により約6割の企業で広告宣伝費が減少/約7割が新たな手法に積極的【Grill調査】
スナップレイス、オウンドメディア運営者向けのランキング・アンケート調査プランをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/05/18 14:30 https://markezine.jp/article/detail/33408

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング