SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソウルドアウトのデータフィードマーケティング支援ツール、LINEショッピングと連携

 ソウルドアウトは、同社が提供するデータフィードマーケティング支援ツール「SO Data Feed Creator(エスオー データ フィード クリエイター)」と「LINEショッピング」の連携を開始した。

「データフィード」の仕組み(タップで拡大)

「データフィード」の仕組み(タップで拡大)

 従来、EC事業者がLINEショッピングを利用する際、掲載したい商品の価格、画像などの商品情報データの出力を行い、規定の仕様に従ってデータフィード(※1)を作成し、LINEショッピングのシステムと連携する必要があった。また、データフィードは常に最新の状態に維持する必要があり、導入にあたっては社内調整やシステム開発の工数・コストがかかった。

 LINEショッピングと連携した同ツールを利用すると、ECサイトに掲載されている情報から、同社のサイトクローリングシステム(※2)がデータを抽出。LINEショッピング用のデータフィードが自動生成され、LINEショッピングへの掲載が実現できる。これにより導入期間の工数・コスト削減が可能だ。

※1 データフィード:Webサイトに掲載している商品やアイテムデータのカテゴリ、価格、画像、商品説明文などをリスト化したもの。

※2 サイトクローリングシステム:クローラー(Webページ上の文書や画像などを、自動でデータベース化するプログラム)がWebページを巡回し、データベースに登録する作業のこと。

【関連記事】
ワールド・モード・ホールディングスとアドインテ、ファッション・コスメのEC集客ソリューションを提供
セールスフォース、最短2週間でECサイト構築が可能な「Eコマース特別ライセンスパッケージ」を提供
アイレップ、ロカリオ、Shopify、アートトレーディングが「ECワンストップ支援サービス」を提供
meyco、成果報酬型で中国越境ECマーケティングを可能にするサービス「KOLIVE」を提供
コロナ影響下で高年齢層が実店舗からECにシフト/巣ごもり消費により娯楽品が伸長【三井住友カード調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング