SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

音声広告のオトナル、ブランドリフト調査プランを開始 広告接触者の購買意向・ブランド認知の変化を可視化

 オトナルは、「Spotify」「radiko」「朝日新聞アルキキ」の3媒体において、デジタル音声広告の効果を可視化するブランドリフト調査連携プラン「オーディオアド ブランドリフトサーベイ」を開始した。

 同プランでは、デジタル音声広告におけるブランディング効果の可視化を、広告IDを連携させたパネル調査により実現する。

 具体的には、デジタル音声広告を聴取した接触者と非接触者の調査パネルに対し、商材にあわせて「認知」「興味関心」「商品理解」「購買意向」「+α」の5問の設問項目で調査を実施。広告制作・出稿・ブランドリフト調査まで一気通貫に提供することで、音声広告における広告効果の見える化をより手軽に行うことが可能になる。

調査レポートのイメージ
調査レポートのイメージ

 なお同プランでは、広告配信のプランニングにより音声配信のエリアや、接触日時、音声広告クリエイティブごとのパフォーマンスの計測比較も可能となる。

【関連記事】
オトナルとJ-WAVE、ポッドキャスト番組でのデジタル音声広告の販売を開始
西日本新聞メディアラボ、音声広告の配信を支援する「MiMiAD」を提供開始
デジタル音声広告市場、前年対比229%の16億円に成長と予測【デジタルインファクト調査】
ロボットスタート、メディア音声化サービス「Audiostart」で音声広告の配信を開始
オトナルとラジオNIKKEI、ポッドキャスト番組におけるデジタル音声広告を販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/01 12:00 https://markezine.jp/article/detail/33739

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング