SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビデオリサーチ、日本で「動画コンテンツの権利保護事業」を開始 米国Muserkと合弁会社を設立

 ビデオリサーチは、米国を拠点として、AI技術により世界中でライツ管理を行うMuserkと合弁会社Muserk V.I.D. LLCを設立。日本に「動画コンテンツの権利保護事業」を開始した。

 同事業では、日本のコンテンツ権利者に対して、各種プラットフォーム上で再生状況(違法動画も含む)のレポーティング、コンテンツ表示の管理や適切化を行うサービスを提供する。
 

 MuserkはAI技術を駆使する音楽、テレビ、映画、動画のライツマネジメント会社として、世界中のライツ管理、およびマネタイズサービスを提供。Muserkの「M-PAC」と「M-MatchR」技術を武器に、YouTube、Spotify、Apple Musicなどのプラットフォームの大量なデータの中から未回収のロイヤリティを回収することができる。なお、Muserkのコンテンツの識別適合率は業界において高い水準を誇っている。

 動画コンテンツの視聴方法や視聴スタイルが多様化するにあたり、権利者が適切に管理できる手段の構築が求められている。ビデオリサーチのメディア知見や放送局各社を含むコンテンツ保有者とのネットワークとMuserkの優れたAI技術とグローバルライツマネジメントプラットフォームを融合させることで、動画コンテンツの権利を保護するべく合弁会社の設立に至った。そして、これらのマーケティングサポートを通じて、グローバルに向けたコンテンツ価値最大化の実現を支援していく。

【関連記事】
365日、1分毎のラジオ聴取データを翌日提供 ビデオリサーチが「ラジオ365データ」を発表
4月のテレビ視聴、朝のピークが7時台から8時台に移動/12~18時の視聴が増加【ビデオリサーチ調査】
視聴率・視聴量ともに前年を大きく上回る/コロナ禍のテレビ視聴状況をビデオリサーチが調査
2019年のテレビCM出稿量は前年と大差なし/関東地区では初出稿の企業が増加【ビデオリサーチ調査】
2010年代のPCバナー広告を振り返り/最も出稿した企業は?【ビデオリサーチインタラクティブ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/21 15:00 https://markezine.jp/article/detail/33854

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング