SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTTドコモら、テレビCM・Web広告・デジタルOOHの接触から購買までの効果測定をID単位で可能に

 NTTドコモ(以下、ドコモ)、電通、電通デジタル、LIVE BOARD、D2Cの5社は、テレビCM、Web広告やデジタルOOH広告の接触から商品購買までの効果測定がID単位で可能となる「docomo data squareTM(ドコモデータスクエア)」の提供を開始した。

 同サービスは、ドコモが保有する位置情報データやdポイント会員データと、電通グループが「People Driven DMP」で保有する「STADIA」をはじめとしたテレビ・デジタル等のメディア接触データ、LIVE BOARDが配信可能なデジタルOOH(LIVE BOARD マーケットプレイス)の配信ログ、およびD2Cの広告配信ログを、ドコモが保有する基盤にて統合することで、ID単位をキーとしたデータベースとして分析が可能となる。

 これにより、オフラインデータとオンラインデータの統合や、“ID”単位でターゲティングが可能なメディアの統合、および広告と販売促進の統合が可能となり、生活者に対して、より便益のある情報を提供することが可能に。また、オフラインでの購買や来店の効果を"ID"単位で可視化できることで、効率よくPDCAサイクルを回すことが可能となり、マーケティング活動の効果効率を向上させることができる。

【関連記事】
D2C、CCI、VOYAGE GROUPの3社、ドコモのデータを活用したデジタルマーケティングで協業
電通、業種別のマーケティングターゲット区分に基づくテレビ広告の提案を推進 新サービスで広告枠を評価
電通デジタル、データ統合×AIで事業成果を最大化する「X-Stack」の提供を本格的に開始
電通グループ、デュアルファネル全体をカバーするソーシャルメディアマーケティングサービスを提供
ノバセルがオプト、ソウルドアウトとともにデジタル広告とテレビCMの統合プランニング支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/04 16:00 https://markezine.jp/article/detail/33981

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング