SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライオンとLOHACO、IoTハブラシのテストマーケティングを共同で開始 購買・行動データを連携

 ライオンとアスクルが運営する一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービス「LOHACO」は、ライオンがIoTの活用により開発した『クリニカKid's はみがきのおけいこ』のテストマーケティングを共同で開始し、LOHACOにて先行予約販売開始した。

 同商品は、ライオン独自に開発したアタッチメントを装着したハブラシ(=IoTハブラシ)と専用アプリと連動させることで、子どもが自主的にきちんとした歯みがきを続けることを可能にする、乳歯期のオーラルケアを支援する商品。

 今回テストマーケティングを開始するにあたり、LOHACOのデジタルマーケティングサービス「LOHACO Insight Dive」(ロハコインサイトダイブ)を採用した。テストマーケティングでは、ライオンの保有データとLOHACOの購買・行動データを連携し、分析・施策・検証を担いPDCAを回すことで、子どもの成長に合わせた“はみがきのおけいこ”が正しく進められるようサポートした。

 商品購入後、IoTハブラシを通じてメーカー側が取得できるデータは、アタッチメント本体とアプリに蓄積される子ども一人ひとりの歯みがき行動データ(歯みがき頻度、歯みがきスキル、親の関心度など)。その歯みがき行動に基づき、交換タイミングや子どもの成長に合わせたアイテムをお知らせするコミュニケーションを行う。

 ここにLOHACOにおける顧客・購買データなどのビッグデータを連携させて補うことで、購入後のアプリ利用状況を検証できるほか、一人ひとりのオーラルケアのサイクルを正確に把握し、ハブラシ交換タイミングやステップアップ時期のお知らせに対する購買行動を分析することが可能に。

 これにより、乳歯期の子どもが歯みがき習慣をきちんと身につけられるまで、成長のペースに合わせた適切なオーラケアの提案が可能となる。

 また、子ども用オーラルケア商品を起点とし、ブランドロイヤリティへの影響を購買実績から定量的に検証することも可能。家族分アイテムへの拡張、ひいてはライオンオーラルケア商品全体への購買に広がるよう、ニーズに合った販促施策や顧客体験を実現することができる。

【関連記事】
アスクル、メーカー向けマーケサービスを開始 企業保有のデータと「LOHACO」のデータを連携可能に
KARTE、IoTデバイスを使い「リアル店舗の行動情報」取得に成功 オン・オフ跨いだ体験設計を可能に
家事代行のカジー、ローソン店舗内のIoTキーボックス「Keycafe Smartbox」で鍵受け渡し
IoTで訪日外国人来店者を可視化してプロモーション効果分析 TRAVEL INSIGHTSがリリース
ファミリーマートとパナソニック、IoT活用の実証実験店舗をオープン 顔認証決済やデータ利用を検証へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/25 13:15 https://markezine.jp/article/detail/34147

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング