SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、ECサイトの運用型広告における最適化ツール「Kommerz」を提供

 電通デジタルは、ECサイトの運用型広告における最適化ツール「Kommerz(コマーズ)」の提供を開始した。

 同ツールは、独自のアルゴリズムで過去の広告配信データと、掲載中の広告パフォーマンスの状況を統計分析。最適な入札戦略や予算アロケーション、キーワードの追加、停止を実現する。また、顧客の購買行動分析から購買と親和性の高いキーワードを検出。その結果を反映させた推奨キーワードを運用担当者に提供する。

Kommerzの管理画面イメージ
Kommerzの管理画面イメージ

 同ツールにおける最終的な意思決定は、運用担当者が行えるよう設計されている。これにより企業の運用担当者は、運用型広告の実施においてKPIに基づいたパフォーマンス向上を実現できる。加えて、注力すべき広告キャンペーンの分析や運用施策立案への時間を確保し、より効果的なPDCAにつなげることが可能だ。

 電通デジタルはまず、Amazon広告において同ツールの導入を開始。既に複数のメーカー企業でテストを実施しており、ROASが最大で約280%向上したほか、キーワードの入札や追加停止など広告運用にかかる時間が約75%削減された。今後は、他の主要ECサイトへも対応予定だ。

【関連記事】
電通デジタルとトレジャーデータ、プライバシーマネジメントのサービスを共同で開始
電通と電通デジタル、テキスト解析プラットフォーム「mindlook」を提供開始 日立と共同開発
電通デジタル、SNSを活用し企業のライブ動画配信を支援する「Engagement LIVE」を提供
電通デジタル、Adobeと連携しオウンドメディアのUX革新支援ソリューションを提供
電通デジタル、ビービットとの業務提携領域を拡大 UXインテリジェンスを備えた組織立ち上げ・運用を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/28 11:55 https://markezine.jp/article/detail/34183

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング