SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagram、おすすめの商品やスポットなどを紹介する「まとめ機能」3種のテストを開始

 Instagramは、Instagram上にあるおすすめの商品やスポット、投稿を「まとめ」として公開できる新機能のテストを、日本を含む一部の国で開始した。

 今回はテストの初期段階として、一部のクリエイターやパブリッシャーのみがまとめを作成できるようになるが、公開されたまとめは誰でも見ることができる。

 まとめ機能を使うと、作成者はInstagram上にシェアされている様々な商品やスポット(位置情報タグ)、フィード投稿を選び、タイトルや説明文を加えて記事のような形式で公開することができる。いま注目しているファッション小物、近所のカフェやレストラン、お気に入りの漫画アカウントなど、自分の興味関心に基づいて自由にテーマを設定し、おすすめのコンテンツをより簡単に紹介することが可能となる。

 公開されたまとめは、作成者のプロフィール画面に表示され、IGTVやリールと同様、まとめ専用のタブから閲覧することができる。まとめを表示している画面で右上の紙飛行機アイコンをタップすると、ストーリーズやダイレクト機能で友達やフォロワーにシェアすることも可能。また、自分のアカウントの投稿や商品が誰かのまとめに引用されると、アプリ内に通知が届く。

 今回のテストには、「商品まとめ」「スポットまとめ」「投稿まとめ」の3種類が含まれる。

 商品まとめでは、Instagramのショッピング機能を利用しているブランドの商品を引用し、まとめを作成できる。写真や動画だけでなく商品名や価格も表示され、タップすると商品詳細ページに飛ぶため、購入したい場合は「ウェブサイトで見る」をタップして外部ECサイトでショッピングを楽しむことが可能に。また、将来的にはクリエイターやパブリッシャーが作成した商品まとめが発見タブ内の機能「Instagramショップ」に掲載されるようになる予定となっている。

 スポットまとめでは、おすすめスポットの位置情報タグと、それに紐づくフィード投稿を選んでまとめを作成できる。

 投稿まとめでは、フィード投稿を引用したまとめを作成できる。フィードに投稿されていれば、リール動画やIGTV動画のプレビューなど、どんな種類の投稿でも引用することが可能となる。

 投稿まとめは今年5月から米国を含む一部の国でテストを行っていたが、商品やスポットをまとめる機能は今回初めてテストを実施する。

【関連記事】
Instagram、フィード投稿にイベントをタグ付けする新機能を導入
Facebook、Instagram上で15秒の短尺動画を作成・発見できる新機能「リール」を発表
Instagram、ショッピング体験を充実させる新機能「Instagramショップ」を日本にも導入
InstagramのプロフィールURL等のクリック数で群を抜いたカテゴリーは?/テテマーチ調査
Instagramコスメメディアemme、リールやインスタコマースプランを含む広告メニューを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/15 11:15 https://markezine.jp/article/detail/34335

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング