MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ARで実現する「集まれない時代」のリッチな顧客体験/1万以上の事例を熟知するスターティアラボが解説

2020/10/01 10:00

 ゲームやエンタメの世界で活用されているイメージが強かったAR技術だが、対面でのコミュニケーションが難しいニューノーマル時代のマーケティングにおいて、真価を発揮している。9月2日に行われた「MarkeZine Day 2020 Autumn」では、クラウド型ARサービス「COCOAR(ココアル)」を提供し、1万以上のARコンテンツの活用動向を見てきたスターティアラボの小友康広氏が、ARマーケティングのトレンドと効果を解説した。

目次

用途が広がるAR/若年層の7割が「利用経験あり」

 「『知りたい』前に『見つかる』体験を創る」をミッションに掲げ、主にWebアプリの企画開発、サービス展開を行っているスターティアラボ。取締役を務める小友康広氏は「膨大な情報が氾濫し、誰もがそれにアクセスできる時代だからこそ、テクノロジーの力で必要な情報を手に取ることができる社会を目指している」と語る。

スターティアラボ株式会社 取締役 小友康広氏
スターティアラボ株式会社 取締役 小友康広氏

 同社が特に力を入れているのが、AR(拡張現実)事業だ。100%仮想空間に没入させるVRとは違い、現実世界と仮想物体を組み合わせて表現するARの技術はスマートフォンの普及によって身近になりつつあり、5G回線の発達によってさらなる市場規模の拡大も予想されている。

 2018年に同社が行った調査によると、ARを利用者として使ったことがある人の割合は、10代・20代で7割に達していた。一方、企画者としてARに携わった経験を持つ企画職の人は3~4割に留まるそうだ。そこで小友氏は基礎知識として、ARは大きく3種類に分けられると説明した。

講演資料より。以下同
講演資料より。以下同

 まずは、カメラ越しの風景にGPSで取得した位置情報を紐付けて情報を表示するGPS型。ナビアプリや「ポケモンGO」などのゲームもこのタイプに分類される。

 次に、カメラをかざした場所に応じて、画面上に3Dの対象物を表示させる空間認識型。家具設置のシミュレーションやバーチャルライブ配信などの表現がこれに当たる。

 最後に、カメラでスキャンした画像から特定の対象物を認識し、エフェクティブな表現を行う画像認識型。カメラアプリの「SNOW」や、描いた絵が動く3D塗り絵などが代表例として挙げられる。最近は、高級時計の試着アプリでこの技術が使われ、話題になった。専用メジャーを巻いた腕をカメラにかざせば、自宅にいながら高級時計を試着することができるというものだ。スターティアラボが最も得意とするのも、この画像認識型ARだ

「ダウンロードが手間」と離脱されないための方法は?

 AR市場は拡大を続けているが、課題もまだ残っている。ユーザーにとっては、ARを体験するためにアプリをダウンロードすることが手間になり、利用前に離脱してしまうケースが多い。

 「我々はこのことを『ダウンロードネック』と呼んでいるのですが、逆に面倒な思いを乗り越えてアプリをダウンロードしてくれる熱量の高いユーザーをあぶり出すことができるともいえます。ARの企画を行う際は、リッチなコンテンツを用意してダウンロード後の期待感を醸成するとともに、ブラウザベースでARを体験できるウェブARを活用することをおすすめします」(小友氏)

 ARは企画者にとっても手間やコストがかかると敬遠されがちだが、スターティアラボはコンテンツの企画から配信管理までサポートする仕組みを整えている上、クラウド型のARサービスを提供しているため、それらを利用すれば安価かつ一気通貫でARを使った企画を実現することができる。

 スターティアラボが提供するクラウド型ARサービスの1つが「COCOAR(ココアル)」だ。動画や画像などの素材をアップロードするだけでARコンテンツの配信が可能となる。COCOARアプリのダウンロード数は270万とAR単体のアプリとしては国内最多であり、地方自治体や学校、商業施設、リテール業界など幅広い分野で利用されている。さらに、同社はアプリインストール不要のウェブAR・ブラウザAR「LESSAR(レッサー)」も展開しているため、ビジネスニーズに応じてAR体験を企画することもできる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5