MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CPAが最大約65%低下!スマートニュース×セプテーニ、新広告「カルーセル広告フォーマット」開発秘話

2020/11/02 11:00

 ニュースアプリ「SmartNews」を提供するスマートニュースは、新広告プロダクトとして「カルーセル広告フォーマット」(以下、カルーセル広告)をリリースした。同プロダクトは広告主からの関心も高く、業界を問わず幅広いシーンでの活用が期待される。今回は開発の裏側とその詳細(サービス内容やメリット)について、開発に携わったSepteni Japanの本間氏、仙波氏、町田氏とスマートニュースの小越氏、達川氏に話をうかがった。

目次

新開発のプロダクト「カルーセル広告」の概要と魅力とは?

MarkeZine編集部(以下、MZ):今回リリースしたカルーセル広告のメニュー概要と特徴について、教えてください。

小越(スマートニュース 以下、SN):カルーセル広告は複数のクリエイティブを用いて、商品やサービスの魅力を訴求できるフォーマットです。マンガサービスの訴求においてマンガのコマをストーリーとして読ませたい時や、人材サービスの訴求において複数の求人案件を紹介したい時などに、効果的に使っていただけます。

小越(SN):「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」というミッションを掲げているスマートニュースでは、「コンテンツとしての広告(Ads as Contents)の実現を目指す」という考え方に基づいて広告事業を行っており、ディスプレイ広告や動画広告という枠に留まらない広告主・ユーザー双方にとって価値のある体験を目指しています。今回、商品やサービスの魅力をより効果的に伝えられるメニューとして、カルーセル広告の提供を始めました。

スマートニュース株式会社 プロダクトディレクター 広告担当 小越崇広氏

MZ:ちなみに、現在のMAU(月間アクティブユーザー)はどのくらいになるのでしょうか?

達川(SN):2019年8月の時点で日米合算MAUが2,000万人以上、ダウンロード数は5,000万を突破しました。また、直近では新型コロナウイルスの影響により、ニュースや正確な情報に対しての関心が非常に高まっています。そうした社会の流れにも後押しされ、現在もMAUやユーザー数、インプレッション数が増え続けています。

BIG5の次のメディア開拓を目指して

MZ:今回カルーセル広告の開発に至ったきっかけを教えてください。

達川(SN):2019年の年末ごろに、セプテーニ様から「新しいプロダクトを一緒に作れないか」と相談いただいたのが開発のきっかけです。

MZ:セプテーニはなぜ、スマートニュースにカルーセル広告の開発を持ち掛けたのでしょうか。

本間(Septeni Japan 以下、SEP):スマートニュース様とは元々付き合いが長く、広告事業をスタートされた時から販売に関わらせていただいています。そのため、我々も当初から重要なメディアパートナーとして位置付けており、以前より様々なご相談をしておりました。

Septeni Japan株式会社 メディア本部 本部長 本間崇司氏

本間(SEP):また、大手の広告プラットフォーマーに続く広告配信先を開拓したいと考えており、その筆頭格がSmartNewsでした。

 そして、私たちが向き合っている広告主様のニーズを考えた時、「カルーセル広告」がSmartNewsにあれば、より一層喜んでいただけるという確信があったのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5