SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TikTok、UGCを生み出す方法をまとめた「TikTok #Challenge Tips」を公開

 TikTok For Businessは、2018年8月~2020年5月に実施したTikTokの広告「#Challenge(ハッシュタグチャレンジ)」全112案件を分析。UGC(User Generated Content/ユーザー生成コンテンツ)を生み出し成功させる法則をまとめた「TikTok #Challenge Tips」を公開した。

 そのため、「認知(Awareness)」から「商品理解、好意度のアップ(Engagement)」「購買(Action)」に至るまでのすべてのファネルにおいて効果を発揮するという。

ファネルの図
ファネルの図

UGCを拡散させる3つの手法とは

 ブランドや商品の認知から理解、好意度のアップに至るまでには、UGCの「情報拡散力」「エンゲージメント強化力」を活かした以下3つのアプローチ方法が有効だということが明らかになった。

(1) リコール型

 キャッチーな楽曲・振り付けやロゴ等で商品を強く印象付ける手法で、新商品発売時など、一気に認知を高めたい時。

(2) ベネフィット型

 ベネフィットを疑似体験させ、実感として理解を促す手法で、説明が難しい商品機能を理解させたい時。

(3) エデュケーション型

 具体的な使用シチュエーションを提示・啓蒙する手法で、商品使用機会を創出・習慣づけたい時。

 さらに、検討・購買などアクションを促す際には、UGC接触者(投稿者・視聴者)の行動喚起にコミットするアプローチが効果的だという。

 たとえば、動画投稿者の商品購買・サービス利用を前提としたマストバイキャンペーンで、ユーザー目線のブランド体験を投稿・拡散。この場合、動画投稿者のみならず、視聴者の追体験(購買)の促進に効果を発揮する。

BPM120以上の楽曲を使用すると動画投稿数が約1.7倍に

 #Challengeの成功に欠かせないことは、常に「ユーザー目線」であることだ。

 たとえば、ユーザーがノリやすいBPM120以上の楽曲を使用すると、公式動画再生数が増加、動画投稿数も引き上がる傾向がある。動画投稿数の平均値で見ると、BPM120以下を100%とした場合、BPM120以上は174%と約1.7倍になった。

 また、ユーザーがアレンジできる余地を残すことも、動画投稿数の増加と情報拡散の促進には重要だ。啓蒙要素(コアメッセージ)は担保しつつ、ユーザーがオリジナルの演出を追加できる構成になっていることが、#Challenge参加の動機につながったという。

【調査概要】
 調査期間:2018年8月~2020年5月
 調査対象:該当期間に実施した#Challenge(全112案件)
 Data Source:TikTok内部データ、ブランドリフト調査

 出典:TikTok #Challenge Tips 2020

【関連記事】
世界の消費者は、TikTok上の広告に好意的/カンター・ジャパン調査
人気楽曲「ポケットからきゅんです!」や米国規制で、若年層がTikTokに注目/LINEリサーチ調べ
TikTok、国内外の大手メディアと連携し「#TikTokでニュース」を開始 ロイターや朝日新聞らと
広告主とクリエイターをマッチングする「TikTok Creator Marketplace」が開始
「TikTok For Business」がローンチ 様々なファネルでのビジネス課題の解決を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング