SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Amazon、オンデマンド・プリントサービス「Merch by Amazon」を日本で開始

 Amazonは、世界で展開するオンデマンド・プリントサービス「Merch by Amazon」(マーチ バイ アマゾン)を日本で開始した。

 Merch by Amazonは、クリエイターがオリジナルの作品をアップロードし、Amazonに登録すると、最短で数時間以内にAmazonプライム対象商品として販売が開始されるサービスだ。クリエイターの作品に注文が入ると、Amazonはその作品を商品に印刷して顧客に発送。注文に応じて、クリエイターにロイヤリティを支払う仕組みだ。

 クリエイターは、1度作品を登録すると日本のみならず、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインのAmazonサイトでも販売することが可能となる。

 顧客は、ストアページにて、様々なデザインの中から商品を選べる。日本では、「NBCユニバーサル」「クレヨンしんちゃん」「KONAMI」「サンリオ」「StompStamp」「パックマン」「バンダイ」「ベイブレード」「マイリトルポニー(My Little Pony)」「モンチッチ」「MONDO TV」「LINE FRIENDS」などのキャラクターやブランドをはじめ、同サービスを展開している他国のクリエイターが登録した数十万点以上のセレクションを、Amazonプライム対象商品として購入できる。

Merch by Amazonについて
Merch by Amazonについて

 また、日本でのMerch by Amazon の開始に合わせて、BAD MOODクリエイターで、アーティストのFukase氏をはじめ、Q-TA氏、白濱イズミ氏、Takako Noel氏、田中達也氏、Tezzo Suzuki氏といったミュージック、ファッション、アートの分野で注目を集める6名が作品を提供。また、着用モデルとして石川恋氏、Tetsu氏、クリス-ウェブ佳子氏とBeniさん親子、内藤朝美氏を起用している。

【関連記事】
Amazon、コンビニや駅で商品を受け取れる「Amazon Hub」を開始 年内に約200ヵ所に展開
Amazon、置き配を標準の配送方法とした実証実験を岐阜県にて実施へ 
Amazon、AIを活用した「バーチャルメイク」機能を導入 お試し~購入までをワンストップで可能に
Amazonとライフコーポレーションが協業 「Prime Now」で生鮮食品のオンライン購入が可能に
Amazon、サイト上で好みに合った家具・キッチン用品を提案する「Discover」機能を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング