MarkeZine(マーケジン)

記事種別

セガ エックスディーとオルトプラス、DXにおけるゲーミフィケーションを企画・実装する「GDX」を開始

2020/10/27 17:45

 セガ エックスディーとオルトプラスは、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)領域において、ゲーミフィケーションの知見と400社を超えるゲーム開発関連企業のノウハウと開発力を活用してDXのユーザービリティを最大化できるネットワークソリューション、「GDX(Gamification for Digital Transformation)」を開始した。

 GDXは、DXに特化したゲーミフィケーション活用が一気通貫で実施できる巨大なバーチャルチームの組成ができるサービス。最初の戦略から開発・運用までディレクションを行い、すべてワンストップで実行し、ユーザーの体験価値や事業成果の最大化を目指す。

 開発・運用面では、オルトプラスのゲーム/エンタメ関連企業のマッチングサービス「ゲームコミューン」を通じてネットワークされたゲーム開発関連会社400社超の加盟企業から、DXの与件に沿った最適なユーザービリティや UI/UX デザイン、運営担保ができるようアサインする。

 両社ではこのソリューションを通じ、DXにおけるエンドユーザーのユーザービリティや内部の運用業務設計の段階で、エンドユーザーやシステム作業者のインサイトを理解できないまま、実施そのものが目的化した状態でプロジェクトが推進されてしまう課題を解決していく。

 また両社では、このソリューションリリースにあたって、知見集積を共同で行っていく目的で、ゲーミフィケーションに関する一般知識や業界動向、最新活用事例やそのポイントを伝える情報発信メディア「GDX News(ジーディーエックス ニュース) 」を共同リリースする。

 同メディア上において、GDXのディベロッパーネットワーク登録企業の紹介や、ゲーミフィケーションに関する情報収集や事例、セミナー紹介を集積・発信することで、エコシステムの組成にも同時に取り組んでいく。

【関連記事】
電通、セガゲームス系のクロシードデジタルを関連会社化 ゲーミフィケーションでクライアントを支援
三菱商事・ユービーエス・リアルティとunerryが連携 位置情報の活用で商業施設のDXを推進
ベクトル、デジタルネイティブ層の攻略をDXで支援する「若者マーケLab」を発足
ブレインパッド、「Rtoaster」のリブランドを発表 3つのプロダクトでマーケ領域のDXを実現
H.I.S.がZealsと「接客DX」を開始 店舗で受けられる接客サービスをデジタルの空間に再現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5