MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂と法政大学 西川英彦研究室、先進的な生活者と企業の価値共創を研究する新組織を発足

2020/10/28 13:15

 博報堂と法政大学経営学部・大学院経営学研究科の西川英彦研究室は、博報堂が生活者イノベーターと呼称する先進的な生活者と企業の価値共創に関する研究・普及活動を行う産学研究会「USER INNOVATION LAB.」(ユーザー・イノベーション・ラボ)を共同で発足した。

 博報堂では、企業のブランディングやイノベーション支援を行う専門組織「博報堂ブランド・イノベーションデザイン」において、「博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」の独自開発などを通じて、ユーザー・イノベーションの普及と実践支援を進めてきた。

 一方、法政大学の西川英彦教授は、日本マーケティング学会「ユーザー・イノベーション研究会」のリーダーを務める人物。同教授の研究室では国内外のユーザー・イノベーション研究者や実践企業とのネットワークを保有している。

 今回発足したUSER INNOVATION LAB.では、ユーザー・イノベーションの活用に関する研究活動と情報発信を通じて、企業と生活者イノベーターの価値共創を普及促進していく。

 具体的には、海外の学会や論文などの最先端情報の共有、生活者イノベーターとの対話などの実践的な活動、企業の成功事例やノウハウの蓄積・情報の発信などを行う。また、ユーザー・イノベーションの活用に関心を持つ企業の参加により、学問的な知見と実践的な知見の学び合いを通じて、将来の事例創出のハブとなることを目指す。

【関連記事】
ネオマーケティング、早稲田大学の恩藏直人氏とブランドにおける想起集合の研究を開始
位置情報ビッグデータ活用で店舗の売上増 クロスロケーションズが同志社大学と実証実験、コロナ禍の支援へ
オプト、上智大学山下研究室と産学連携を開始 広告効果の時系列予測と統計的分析の新手法開発へ
電通デジタル、大阪大学櫻井研究室と共同研究 生活者単位の予測顧客生涯価値「pLTV」予測モデル開発へ
CAのAI Lab、大阪大学、立命館大学の三者がロボットによる接客・広告の実証実験を実施へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5