SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagramライブの配信が最大4時間に ライブ動画をアーカイブする新機能も発表

 Instagramは、Instagramライブに関連する下記3つの機能アップデートを発表した。

ライブの配信時間を最大4時間に延長

 Instagramライブの配信時間が従来の最大1時間から4時間に延長される。過去に著作権やコミュニティガイドラインなどのポリシー違反がないユーザーであれば、誰でも同アップデートが適用され、より長い時間にわたってライブ配信ができる。

配信後のライブ動画を自動的にアーカイブ

 フィード投稿やストーリーズと同様、配信したライブ動画が自動的にアーカイブされる(配信したユーザー本人が設定を変更し、アーカイブをOFFにした場合を除く)。これまでは配信が終了してすぐに「IGTVにシェア」「動画をダウンロード」「動画を削除」というオプションから選ぶ必要があったが、今後はアーカイブからライブ動画を選択して、あとからシェアやダウンロードすることも可能になる。なお、アーカイブに保存されたライブ動画は30日が経過すると自動的に削除される。

配信中のライブ動画をIGTVなどでより発見しやすく

 ユーザーがより簡単にライブ動画を発見しやすくなるよう、IGTVにリアルタイムで配信中のライブ動画や、配信が終了してシェアされたばかりの動画を表示するスペースを近日中に追加する。また、視聴しているライブ配信が終了したあとの画面でも、同様におすすめのライブ動画を表示する予定だ。

【関連記事】
Instagram、バッジ機能の国内テストを開始 Instagramライブで収益化が可能に
Instagram、話題のトピックを発見できる新機能「旬の話題」を導入
Instagram、IGTVにショッピング機能を追加 今後リールでのテスト実装も開始予定
Facebook、Instagramなど各アプリを横断で管理できる新サービス発表 中小ビジネスを支援
InstagramのプロフィールURL等のクリック数で群を抜いたカテゴリーは?/テテマーチ調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/30 17:45 https://markezine.jp/article/detail/34743

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング