SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ロコガイド、滋賀県彦根市へ「混雑ランプ」を提供 混雑状況をリアルタイム発信し「3密」対策へ

 ロコガイドは滋賀県彦根市のホームページに、今現在の混雑状況がひと目でわかる「混雑ランプ」を設置し運用を開始した。彦根市職員が混雑状況を能動的に発信することで生活者は、彦根市のウェブサイトやロコガイドが運営するウェブサイトで市役所窓口や図書館の混雑情報をリアルタイムで確認できる。

 混雑ランプは、お店や施設の混雑を「空き」「やや混み」「混み」の3段階で発信できるサービスだ。新型コロナウイルスの影響で日々の買い物の「3密」対策が大きな課題となったことから、ロコガイドが提供を開始した。ロコガイドの運営するチラシ・買い物情報サービス「トクバイ」やその他ウェブサービス上でリアルタイムの混雑状況を確認することが可能だ。現在は、全国の小売店のほか、自治体窓口や観光・宿泊施設、またレジャー施設、スタジアムなどでの導入が進んでいる。

 彦根市は彦根市役所の証明書交付窓口、住民異動・戸籍届け出窓口、マイナンバーカード交付窓口、保険年金・保険料窓口、税務課(課税)相談窓口の計5窓口で設置をした。

【関連記事】
店舗内の3密を回避!ローカライズ、混雑状況の把握や入場制限の自動化を可能にする新機能を提供
「Yahoo!地図」アプリ、昨年の花火大会の混雑状況を視覚化する機能リリース
AIチャットボット「Bebot」、ウィーン国際空港エリアにて新機能「混雑平準化」をリリース
unerry、全国約4万8,000店舗のスーパー等の混雑推定を提供するカスタマイズ混雑マップを開始
電車内広告、多くの種類が混雑率「150%~180%」の場合に最も見られている【アスマーク調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング