SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

事例&データで深掘り!Instagramマーケティングの現在地(PR)

Instagramは「好き」と「欲しい」をつくり出す場所/日本の利用者行動から読み解くその理由とは?

リール、IGTV広告の機能もますます充実

 パンデミックによって人々の行動が変容する中、Instagramは利用者、クリエイター、そしてブランドが自身を豊かに表現する場として、進化を続けている。シャー氏はエンターテインメント、コマース、コネクション(つながり)の各領域における機能拡充の方針を明かした。

 今年リリースされた「リール」は、Instagramが最も力を入れて開発している機能のひとつだ。エンターテインメントの創出・消費の形態が変わりゆく中、誰もが短い動画を創り出したり発見したりできる。ブランドにおいても商品の説明からバイラル動画まで、クリエイティブなコンテンツが続々と誕生。現在もホーム画面にリール専用のタブを置くテストを行うなど、改良が続けられている。

 また、興味関心の高い利用者にリーチする方法として、IGTV広告のテストも実施。IGTV広告は利用者がフィード内で15秒のプレビューをタップし、動画全編を続けて視聴する際に挿入される。ブランドは、没入感の高い動画広告を通じて、Instagramで展開されるカルチャーの一部になれる。

 80%の人が製品またはサービス購入の判断の参考にInstagramを使っているという調査結果を踏まえ、コマース領域の利便性を高める試みも進んでいる。ショッピング専用のホーム画面を用意したほか、発見から購入までの流れをよりスムーズにすべく、Instagramショッピングの機能をフィードやIGTV、ライブ、リールにも拡充する予定だ。

 ほかにも人々の共同制作を支援する一環として、3人以上でのライブ配信機能を提供する方針だ。

 シャー氏は各機能の将来像とともにプラットフォームが目指す姿について次のように語り、セッションを締めくくった。

 「私たちは利用者やブランドがそれぞれの方法でInstagramを活用し、他者とつながる様子から、多くを学んできました。その創造性から、つながりの多くがデジタル上で生まれるであろう将来のビジネスについて、ヒントを得ています。引き続き、消費者行動への理解を深め、つながりの構築をどのように支援できるか考えていきます」(シャー氏)

\2021年2月26日までオンデマンド視聴が可能/

オンラインセミナー「House of Instagram」では、本レポートで紹介したセッションを含む5つのセッションを配信中。視聴はこちらから!

【内容一例】
・Instagramでブランディングを成功させる3つのポイント
・インフルエンサーの佐藤ノアさんが語る、共感を生むコミュニケーション
・購買までシームレスに導くための最新機能&事例の紹介

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
事例&データで深掘り!Instagramマーケティングの現在地連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

石川 香苗子(イシカワ カナコ)

ライター。リクルートHRマーケティングで営業を経験したのちライターへ。IT、マーケティング、テレビなどが得意領域。詳細はこちらから(これまでの仕事をまとめてあります)。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/17 11:00 https://markezine.jp/article/detail/35005

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング