SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GMOリサーチ、アジア圏の消費者リサーチをベースにしたマーケティングサービスを提供開始

 GMOリサーチは、アジア圏でコンサルティングサービスを提供するEasy Key 2 Asia (EK2A)およびインターネットリサーチ事業を展開するInsightXplorerとの3社共同で、アジア圏における調査による消費者動向をベースとしたマーケティングサービス「Z.com Engagement Lab(エンゲージメントラボ)」の提供を開始した。

 同サービスでは、アジア15の国と地域の約3,690万人(2020年10月時点)の生活者へインターネットリサーチが実施できるパネルネットワーク「ASIA Cloud Panel(アジアクラウドパネル)」を活用。

 その最新の調査による消費者動向をベースにしたインダストーリーレポート(産業レポート)の提供や、トレンドやアイデアの創出につながるデータドリブンによるコンサルティング、テストマーケティング、PRの支援といった次の4ソリューションを提供する。

・Z.com Engagement Insights(インダストリーレポート)
・Z.com Engagement Advisory(コンサルティング)
・Z.com Engagement Test(テストマーケティング)
・Z.com Engagement Outreach(トレンド・アイデア創出のサポート)

 これらにより、企業が自社ブランドにおけるファンの生の声を定量・定性的に把握し理解することを支援し、カスタマージャーニーの可視化、より良い商品・サービスの開発・創出に貢献する。

【関連記事】
ヴァリューズ、250万人規模のパネルで3C分析ができるリサーチエンジン「Dockpit」をリリース 
LINEリサーチ、低価格・短納期で調査が可能なライトコースをリニューアル オンラインで作成機能を追加
GMOリサーチ、アジア3,600万人のデータ「GMO Market Observer」を一部無償提供
消費者ベネフィットをリサーチできる「AIGENIC」がリリース 商品など消費者の声をAIが解析
マクロミル、新しい生活様式に対応したリサーチの新ソリューション「ライブアンケート」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/11 11:30 https://markezine.jp/article/detail/35088

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング