SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コムニコ、炎上リスク等を事前に調査する「タレント・インフルエンサーデジタルリスク調査」を提供開始

 コムニコは、企業・ブランドのマーケティングの一環としてタレントやインフルエンサーを起用する際に、炎上リスク等がないかを事前に調査するサービス「タレント・インフルエンサーデジタルリスク調査」の提供を開始した。

 同サービスでは、デジタル上のデータから、起用予定のタレントやインフルエンサーの「ネガティブなニュースや話題」および「本人の発言」を収集し、炎上の火種になりそうな言動、発信、疑惑等がないかについて調査し、レポート形式で報告する。

 調査範囲は、Webニュースの記事やTwitterのツイートを含むキーワードリサーチ、タレントやインフルエンサーのSNS(ブログ含む)アカウントとなる。

 調査の基準では、タレント・インフルエンサー名についてフルネームのほか愛称も含まれ、広告主の企業・ブランド・商品等については企業名と商品名、広告主の競合企業・ブランド・商品等については競合の企業名および競合商品の商品名を対象とする。また、ネガティブワード(全ブランド共通)については、「炎上」「麻薬」「差別」「不倫」「未成年飲酒」「暴力」「ハラスメント」を例に挙げている。

【関連記事】
高額商品の紹介が約2割に InstagramのインフルエンサーPRの実態【スナップレイス調査】
ゆたせな・ヒヨごん・ウチら3姉妹/2021年、若者女子に影響を与えるインフルエンサーは?
電通PRとBitStar、インフルエンサーとの共創で企業情報の流通を加速させるプログラムを提供
UUUMが新インフルエンサーコマース事業を始動 国内外246のブランド・ディベロッパーと協業
アソビシステム、インフルエンサー支援・マーケティング支援のための新組織「ASOBI+」を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング