SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

MOCHI、デジタルマーケティング領域に特化の定額制支援型サービスを開始

 マーケティング支援事業を展開するMOCHIは、ベンチャー企業やスタートアップ向けにデジタルマーケティング領域に特化したDAS(ディレクションエージェントサービス)を定額制で提供すると発表した。

 同サービスでは、同社の専門チームがデジタルマーケティングのディレクターとして伴走。ディレクターは、マーケティング施策のリストアップから専門パートナーへの問い合わせや見積もり、シミュレーション、施策の優劣評価、KPI設計、社内承認資料の作成、ファシリテーションまでマーケティングを推進するために必要な業務を一貫して行う。

 新型コロナウイルスの影響により様々なサービスがオンラインへシフトし、顧客の消費活動もオンラインを基本にした行動へと急速に変化している。こういった中で企業は、デジタルマーケティングの必要性に迫られているのが現状だ。

 デジタルマーケティングを実践していくためには、専門知識やノウハウを持つ人材が必要だが、デジタル人材の不足により思うように取り組みができない企業が多く存在する。外部の代理店やパートナーを活用する場合でも、自社が求める施策を的確に伝え高い成果をハイコストパフォーマンスで実現するような施策提案を引き出すには、社内のディレクターの役割が重要だ。

 しかし、社内のノウハウ不足や育成力不足によりディレクターのスキルがともなわずデジタルマーケティングを推進できない企業も少なくない。このような課題を解決すべく、同社は定額制プランの実現に至った。

【関連記事】
電通および電通グループ、Libalentと資本業務提携 企業向けのデジタルマーケティング支援を強化
ペリプラス、アウルス、EARS、トピカがDXで協業 全方位的なデジタルマーケティング支援へ
図書印刷、UNIWORXを子会社化 デジタルマーケティング支援事業を拡大
インテック、凸版印刷と共同で流通小売業向けのデジタルマーケティング支援サービスを開始
ソウルドアウト、マーケティングラボを新設/中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援促進へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング