SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine RESEARCH(PR)

2021年注目のマーケティングトピックとは? 『マーケティング最新動向調査2021』より

 MarkeZineでは2021年1月に『マーケティング最新動向調査 2021』を刊行した。これまでの定説が大きく覆り、不可逆な変化を迎えた2020年。数十年分の変化が一気に起きた今のマーケティング業界の動向や輪郭を明らかにすべく、1,000名以上の関係者にアンケート調査を行っている。今回はその一部を紹介する。

※本記事は、2021年2月25日刊行の定期誌『MarkeZine』62号に掲載したものです。

メディア接触時間 デジタルが過半数を占める

 2020年はコロナショックにより社会情勢や経済活動に大きな変動が起き、現在もその影響が続いている。先行きが不透明な時代において、企業のマーケティング活動はどのように変わっていかなければならないのだろうか。MarkeZine編集部がデジタルインファクトと共同で実施した『マーケティング最新動向調査 2021』から、2020年のマーケティングをめぐる注目トピックを紹介する。

 総務省が2020年5月に発表した『令和元年 通信利用動向調査』によると、2019年のインターネット利用率が89.8%となり、前年から10%も上昇した。さらに、全メディア接触時間におけるデジタルメディアが占める割合がはじめて半数を超えたことが、博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所がまとめた『メディア定点調査2020』によって明らかとなった(図表1)。

図表1 性年代別メディア総接触時間の構成比(2020年):東京地区(タップで画像拡大)
図表1 性年代別メディア総接触時間の構成比(2020年):東京地区(タップで画像拡大)

 東京地区における1日あたり(週平均)のメディア接触時間は411.7分、そのうちデジタルメディア(パソコン、タブレット端末、携帯電話/スマートフォン)の合計接触時間は212.5分で全体の51.6%に。特に10代と20代では他のメディアを抑えて携帯電話/スマートフォンの接触時間が圧倒的に多い。一方で、50代と60代ではまだテレビの接触時間が多数を占めている。ただし、テレビ端末をインターネットに接続した状態で利用する「コネクテッドテレビ」も浸透しつつある。

本調査の全結果とクロス集計の結果に加え、 「マーケティングをめぐる近年の動向の概観」や「主要マーケティングプラットフォーマーの動向」をまとめた『マーケティング最新動向調査 2021』は、翔泳社のECサイト「SEshop」でのみ販売しております。

本調査の全結果とクロス集計の結果に加え、「マーケティングをめぐる近年の動向の概観」や「主要マーケティングプラットフォーマーの動向」をまとめた『マーケティング最新動向調査 2021』は、翔泳社のECサイト「SEshop」でのみ販売しております。

 

『マーケティング最新動向調査 2021』の詳細をみる

 

次のページ
ネット広告の成長をドライブする3要素

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine RESEARCH連載記事一覧

もっと読む

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング