SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

【特集:Datorama活用】選ばれる理由、成果に迫る(PR)

LTVからの逆算で広告投資を最適化!富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーの「Datorama」活用

 富士フイルムのグループ会社として、化粧品・サプリメントなどのヘルスケア製品の通信販売事業を行う富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー。同社はセールスフォース・ドットコムが提供する「Datorama(デートラマ)」を導入し、効果的な広告予算投資の実現を目指している。同社でシステムの導入・推進を担当する竹内正也氏と、化粧品の「ASTALIFT(アスタリフト)」シリーズの新規獲得、コミュニケーション戦略を担う笹原千江里氏に、Datoramaを活用したデータ統合プロジェクトについて聞いた。

マーケティングデータとLTVデータを統合

 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーは、富士フイルムが写真フィルムなどで培ってきた独自技術を応用・活用することで、「ASTALIFT(アスタリフト)」や「メタバリア」など、サイエンスに裏付けられた機能性化粧品や機能性食品の開発・提供を行っている。

 そんな同社では現在、セールスフォース・ドットコムが提供するマーケティングインテリジェンスツール「Datorama(デートラマ)」を活用し、ASTALIFTとメタバリアのオンライン・オフラインマーケティングデータとLTVデータを統合。マーケティングデータを一気通貫で俯瞰することで、効果的な広告予算投資と業務効率化の実現を目指している。

 同社では従来、複数の広告代理店によってオンライン広告、新聞・折込広告、通販番組のデータなどを管理してきた。その一方で、LTVデータは分析ツール「Tableau(タブロー)」から引っ張ってきて、手作業で入力・転記していたため、手間がかかりミスも起こりやすい状況だったという。

 同社でシステムの導入・推進を担当する竹内正也氏は、その当時の様子を次のように話す。

 「多数のツールが導入され、複数の広告代理店によって運用が行われていたこともあり、データの集計・取りまとめに時間がかかっていました。具体的には、レポートを作成するだけで毎月208時間もかかっていたのです。加えて、複数の広告代理店からレポートをいただけるのが2週間後となっており、タイムリーな予算の付け替えやレポーティングができず、CVRを改善しにくい状態が続いていました。もちろん、これまで蓄積されたデータの抽出・閲覧も非常に難しい状況でした」(竹内氏)

株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー 営業推進本部 CSソリューションG 兼 ダイレクトマーケティングGマネージャー 竹内正也氏
株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー
営業推進本部 CSソリューションG 兼 ダイレクトマーケティングGマネージャー
竹内正也氏

 そこで業務効率化を行い、レポート作成時間の削減と、キャンペーンデータの効率的な効果分析、リアルタイムでの広告予算のアロケーションを実現するために、Datoramaの導入を決定した。

 「Datoramaを導入した大きな目的は、リアルタイムでキャンペーンデータを確認できるようにすることで広告予算配分をタイムリーに変更していき、CPRの2%改善を目指すことでした」(竹内氏)

 導入にあたっては、もちろん社内への説明も重要だ。竹内氏は、あえてマーケティングインテリジェンスツールと伝えず、「広告に特化した分析ツールです」と伝えることで、上層部への理解を促す工夫を行ったという。

次のページ
データ定義を統一し、既存指標の見直しを実行

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
【特集:Datorama活用】選ばれる理由、成果に迫る連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

石川 香苗子(イシカワ カナコ)

ライター。リクルートHRマーケティングで営業を経験したのちライターへ。IT、マーケティング、テレビなどが得意領域。詳細はこちらから(これまでの仕事をまとめてあります)。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング