SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

位置情報プログラマティック広告のBlis、 イノベーター・ジャパンと提携 日本でサービス提供開始

 英・Blisとイノベーター・ジャパンは、日本専属パートナー契約を締結し、日本市場でBlisのソリューション提供を開始した。

 イノベーター・ジャパンは、クライアント企業のDX支援として「MediaDX」をはじめとするデジタルマーケティングソリューションを提供してきた企業。オンラインのデータに加え、今回オフラインインテリジェンスであるBlisの位置情報ターゲティングがソリューションに加わることで、より多くの企業の課題解決が可能になる。

 一方Blisは、位置情報広告・分析の領域において、17年前から世界75カ国以上でブランド企業のマーケティングを支援してきた企業。今回の日本市場への参入により、同社サービスが日本スタッフのサポートにより国内で利用できるようになる。

 同社では、年間15億のデバイスにリーチし、正確で精細な位置データを世界規模で計測、オンラインや実店舗への訪問数を含む様々なROIを提供するほか、変化する消費者動向への理解を促し、市場の課題を特定することで、競争力のある戦略の策定を支援している。

 具体的には、計画、実行、効果測定のそれぞれを担う3つのソリューションを展開。「Blis Analytics」では、最適な広告出稿計画やクロスメディア戦略のための消費者動向に関する実用的インサイトを提供する。「Blis Activation」では、過去の行動履歴やリアルタイムの位置情報をターゲットし、最先端のクリエイティブをプログラマティック配信が可能。「Blis Attribution」では、キャンペーンの目的に応じて、オンライン・実店舗の訪問数など測定が可能となる。

【関連記事】
クロスロケーションズ、人流統計データを提供開始 位置情報ビッグデータのAI解析システムとAPI連携
AudienceOneとFoursquareが連携開始 位置情報データを使った広告配信などが可能に
電通、位置情報データを用いてOOH広告のプランニング・効果検証を行う「OOH LIQUID」を開発
台湾AIテックのawoo、日本市場参入へ 吉澤和之氏が事業開発責任者に就任
メルカリなどを顧客に持つBraze、ジャパン・クラウドと合弁で日本法人を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/03 18:02 https://markezine.jp/article/detail/35661

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング