SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

分析工数を5日→1hに!アンダーアーマーのドーム社がノーコードで実現したデータマーケティング手法とは

 多くの企業がデータマーケティングに取り組む中で課題となるのが、分析に対する工数です。蓄積したデータを整え、分析・マーケティングに活用できる状態にするのは簡単ではありません。本稿では、同様の課題を抱えていたUNDER ARMOUR(アンダーアーマー)を展開するドーム社でマーケティングを担当するコンシューマーインサイト部門の間瀬有紀氏に、同社が取り組んだデータマーケティングにおける工数削減の取り組み、そしてそこから得られた成果について聞きました。

BIツールでは手の届かない分析が課題に

――まず、御社の事業概要について教えてください。

間瀬:弊社は、「社会価値の創造」を企業理念に掲げており、スポーツを通じて社会に役立つ新しい市場や文化を創り出すことを目指しております。 具体的には、多くのアスリートが着用する「UNDER ARMOUR」を軸としたスポーツプロダクト事業を展開しています。

株式会社ドーム コンシューマーインサイト部門 間瀬 有紀氏

――御社は以前よりデータマーケティングに注力しており、その取り組みを加速させるべくフロムスクラッチのデータマーケティングツール「b→dash」を導入したと聞いています。そのきっかけはなんだったのでしょうか。

間瀬:b→dash導入以前は、売上データを分析するためにあるBIツールを導入していました。そのツールでは、「商品カテゴリ別」「スポーツ別」「属性別」などの集計軸と、「売上金額」「F2転換率」「LTV」「購入回数」「購入単価」といった指標を組み合わせた分析を行う予定でした。

 ただ、実際に既存のBIツールで分析を行おうとすると、社内にある顧客データ、EC売上データ、店舗売上データなど様々なデータが統合されておらず、分析できるデータが限られ、導入前に描いていた分析が実現できませんでした。

 たとえば、「商品カテゴリ別」の集計軸と「F2転換率」の指標を掛け合わせた「商品カテゴリ別F2転換率」を分析して、継続購入につながりやすい初回購入商品は何かを探ろうと思っても、そのデータの掛け合わせができない、もしくは時間がかかっていたのです。

 そこで、データの統合を進めるべく、SQLを用いた統合作業を行っているシステムベンダーに見積もりを取りました。しかし、費用がものすごく高く、何か他に良い方法がないか模索していたところ、出会ったのがb→dashでした。

データ加工・統合・連携をノーコードで実現

――分析以前にデータ統合の重要性に気づき、それを可能にする手段を模索したわけですね。様々なデータマーケティングに関するツールがある中で、b→dashを選んだのはなぜでしょうか。

間瀬:複数社のツールを検討する中で、b→dashであれば、分析に必要なデータをマーケター自身で簡単に準備できるという点が決め手でしたね。b→dashの場合は、GUI上でSQLを用いる必要がなく、誰でもノーコードでデータ統合に関する作業が行えます。

間瀬:データ分析に必要なデータの加工・統合・連携といったデータの準備をシステムベンダーに発注せずマーケター自身で完結できるので、非常に大きなメリットを感じました。

 実際にb→dashのデモ画面も見せてもらった際も、とても使いやすいUI/UXになっており、直感的に作業できることから「SQLの知識がないメンバーでも運用できそうだ」というイメージを持てたため、b→dashの導入を決めました。

 また、b→dashはデータの加工、統合をテンプレートで実施できる機能など、クラウドサービスならではのアップデートが頻繁に行われる点も非常に魅力的でした。

次のページ
5日かかったレポート作成が1時間に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/25 11:00 https://markezine.jp/article/detail/35688

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング