SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大日本印刷とFiNC Technologiesが資本業務提携 ヘルスケア領域で情報銀行事業立ち上げへ

 大日本印刷(以下、DNP)とヘルステックベンチャーのFiNC Technologies(以下、FiNC)は、ヘルスケア領域での連携を強化し、共同で情報銀行事業を立ち上げる。今回、情報銀行事業の推進にあたり、DNPはFiNCが実施した第三者割当増資の一部を引き受け、資本業務提携を行った。

 経済産業省が事務局を務める次世代ヘルスケア産業協議会によると、ヘルスケア産業の市場規模は、2025年に約33兆円になると推計されている。一方、健康で豊かな生活の実現に必要とされる生活者個人の行動などをデジタルデータ化した「ライフログ」は、多様なサービスなどを通じて収集できるようになったものの、サービスごとにデータが分かれ、フォーマットも統一されていないなど、有効な利活用が進んでいない状況だ。

 こうした状況に対してDNPは、生活者本人の同意に基づき、個人の属性情報や日常生活で蓄積されるパーソナルデータなどを安全・安心に流通させる「情報銀行」事業を2014年から推進してきた。情報銀行のシステムプラットフォームの構築・運用、情報銀行を活用したサービス開発などを行っている。

 一方FiNCは、AIを活用し、毎日の体重・歩数・食事など100億以上のライフログを保有。生活者個人の好みや悩みなどにあわせて、食事や健康に関するアドバイスを行っている。

 今回の資本業務提携により、両社が保有するサービス基盤のほかライフログや行動のデータを掛け合わせ、情報銀行をはじめさまざまなサービスの開発・拡充に取り組んでいく。

【関連記事】
3人に1人が「情報銀行」を認知、利用率は7.2% 4割は「情報提供に抵抗感」【ジャストシステム調査】
KPMGコンサルティング、情報銀行設立支援サービスの提供を開始
データ流通ビジネス『情報銀行』を企業が活用するには?三菱UFJ信託銀行・齊藤氏を囲む少人数座談会開催
インテージ、「情報銀行」やデータを活用する企業を支援するサービスの開発に着手
「情報銀行」の実現に向けた実証実験を開始/日立製作所、東京海上日動、日本郵便、DACら6社が参画

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/25 12:45 https://markezine.jp/article/detail/35907

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング