SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2021年3月度テレビCM放送回数ランキング トップはワイモバイル【ゼータ・ブリッジ調査】

 ゼータ・ブリッジは、2021年3月度の全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査した。

【クリック/タップで拡大】

格安SIM・スマホを取り扱う企業と大手携帯キャリア3社の出稿目立つ

 商品別ランキングでは、格安SIM・スマホを取り扱うワイモバイルとUQコミュニケーションズが大手携帯キャリアを押さえて1位と2位にランクインした。大手携帯キャリアは、ソフトバンクの「LINEMO」と「SoftBank学割」、NTTドコモの「ahamo」と「ドコモのロング学割」、KDDIの「povo」がTOP20入りした。クリエイティブの内容は、3社共通してお得な料金プランについてだった。

「超PayPay祭」CMの放送回数はPayPayとヤフーの2社合計で7000回以上

 4位と10位にランクインした「超PayPay祭」のCMは、PayPayとヤフーの2社からそれぞれ出稿された。クリエイティブは、ポイント還元やプレゼントなどを紹介するPayPayのバージョンと、LINEとの統合記念キャンペーンを紹介するヤフーのバージョンの2種が放送され、2社合計の放送回数は7000回以上と3月度のテレビCMの中では目立つ結果となった。

リクルートスタッフィングはコロナ禍の日常をクリエイティブに反映

 リクルートグループからは3つのクリエイティブがランクイン。16位のリクルートスタッフィングは、在宅勤務やオンライン研修などコロナ禍の日常を反映したクリエイティブとなっており、これからの働き方や自分らしい時間の使い方を表現している。

【調査概要】
調査期間:2021月3月1日(月)~3月31日(水)
調査対象:全国地上波25局、BS放送6局
調査方法:動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査

【関連記事】
アドフレックス、デジタル施策と連動可能な運用型テレビCMプラットフォーム「urutere」を提供開始
通信キャリア大手5社の「学割」テレビCM、親が一番見ていたのはどれ?【TVISION調査】
テレビCM1本ごとの反応を広告主のKPIに沿って分析・可視化 電通がダッシュボードサービスを提供開始
「サスティナブル」の内容を知っている人は3割弱/詳しく知っている人は1割台【LINEリサーチ調査】
音声広告とバナー広告の組み合わせで認知は非接触者の8.3倍に【ADK MS調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング