SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

上位サイトのSEO対策を徹底解剖!スプールのSEOリサーチ情報

【リサーチ】ページ更新日時の新しさはSEOに有利か? 2660URLの更新日時を独自調査

 頻繁に更新されるサイトは、常に新鮮な情報を含んでおり、価値が高い印象があります。Google、Yahoo!のロボットも、やはり新鮮なページを評価する傾向にあるのでしょうか?

Yahoo!、Googleの検索結果ページ2660URLの更新日時を調査

 更新日時の新しいページは、「情報が新しい」「管理者およびユーザーに放置されていない」という点において価値を持ちます。では、検索エンジンにもその点を評価するアルゴリズムが組み込まれていてしかるべきではないでしょうか?

 このシンプルな疑問を、Yahoo!、Googleの検索結果1位~100位、計2660URLの「ファイル最終更新日時」を調査することで推測する事にしました(6000URL調査中、ファイル更新日を調べることができた件数が2660URL)。

 やはり、上位のサイトはファイル更新日時が新しいのでしょうか?

当リサーチについてのご留意点

 今回の調査データ「ファイル最終更新日時の新しさ」は、必ずしも「=ページの更新頻度」を表すものではありません。それとほぼ同意の趣旨で行ったリサーチではありますが、更新頻度のデータの獲得が困難であるため、最終更新日時のデータを採用しました。

Yahoo! ファイル更新日付 調査日:2008/05/06 容量:182KB
Google ファイル更新日付 調査日:2008/04/24 容量:206KB

調査結果(1)-上位ページほど更新日が新しい

 全2660URLのファイル更新日を、順位別にまとめたところ、上位ページほどファイル更新日が新しいというデータが浮かび上がりました(※下グラフ参照)。

Yahoo!順位別 ファイル更新後経過日数の平均値
Google 順位別 ファイル更新後経過日数の平均値

 グラフのデータの傾向(赤線)の傾斜をみるに、GoogleはYahoo!に比べ、より更新日時の新しさが重要視される傾向が見えます。

 このように、単に更新日時をみる限りでは、上位表示に強い影響があるように感じられますが、SEOには他要因も強く影響するため、ファイル更新日時に関わる他要因も合わせて調査致しました。

更新日時が新しいページ=CGMサイトの可能性も?

 更新日時が新しいページは、CGM(Consumer Generated Media)である可能性も高いため、そのケースは排除した上でデータの傾向を再確認したいと思います。

 CGMは、いわゆる口コミサイト、SNSなどの大規模サイトが多く、数万人~数百万人規模のユーザーの情報発信に応じて次々にページが自動増産されていくため、そのインデックス数、サイト内被リンク数は膨大な規模となります。これは上位表示されるための強力な要素であり、上位表示要因としての更新日時の効果をみる上で、データを乱してしまう可能性が極めて高いためです。

 上記の理由に基き、全体の20%近くを占める、インデックス数が1000件を超える中~大規模サイトを調査対象から排除してみます。

Yahoo! Google 順位別 インデックス数

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
調査結果(2)-更新日時の評価はYahoo!、Googleで違う?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
上位サイトのSEO対策を徹底解剖!スプールのSEOリサーチ情報連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

(株)スプール 八百谷 真(ヤオタニ マコト)

株式会社スプール 代表取締役。1977年生まれ。ブラストホールディングス株式会社にてSEOツール無料公開サイト「SEOTOOLS」の立案・制作を担当後、2006年10月、株式会社スプールを設立。現在はSEOコンサルティングツール「spoool seo-suite」に注力。著書に「SEO 検索上位サイトの法則」(ソーテック社)がある。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/14 12:00 https://markezine.jp/article/detail/3611

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング