SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大阪ガス、子どものプリント・スケジュール・TODO一元管理アプリ「プリゼロ」の提供を開始

 4月19日、大阪ガスは、生活者の困りごとを解決する新規サービス開発事業の一環として、親子のプリントに関する悩みを解決するプリント・スケジュール・TODO一元管理アプリ「プリゼロ」の提供を開始した。

 同サービスはプリントをスマホで撮影し、アプリ内に写真データを保存するもの。子ども別のプリント管理や、画像と日付・予定をセットで管理でき、家族と共有ができる。

 また、行事で必要なものや買い物リスト・持ち物リストなど、忘れがちな“やること”を「ふせん」で管理することもできる。

 同サービスはDaigasグループ社内の新規事業として発案されたもの。

 4~12才の子供をもつ母親へ日常の困りごとを調査したところ、幼稚園・保育園、小学校や習い事等で配布される「プリントの管理」に困っている家庭が非常に多いことが分かった。

 プリント自体の管理はファイルに入れるなどアナログ的に行い、予定の管理はスマホ内のメモや頭の中で管理を行うなど、プリント情報の一元管理がしづらいと感じている家庭も多く、負担になっている現状があった。

 これを受け、企画を立ち上げるに至った。開発にあたり、社内の約150名の子どもをもつ社員がモニターとして参画。アプリに対しての実体験を踏まえた意見を反映するなど、子育て親世代の日々の暮らしをサポートするサービスとして開発された。

 今後同社は行政や学校とも連携し、同サービスの更なる活用について検討を進めていく予定。その第一歩として、豊中市と「子育ち・子育て支援に関する」連携協定を締結。

 子育て情報の入手・管理・活用について双方の資源を有効活用しながら、市民の声を収集し、互いのサービスの改善・連携を図る。

【関連記事】
日本コカ・コーラ、アプリ「Coke ON」で自動販売機のサブスクリプションサービスを提供開始
ピエトロ、ファンコミュニケーションの強化目指し公式アプリをリリース
フラーと東急、地域内の生活支えるアプリ「common」公開 二子玉川駅周辺からスタート
味の素、生活改善をサポートするスマホアプリ「aminoステップ」4月提供へ
JR東日本リテールネットとロケーションバリューが「NewDaysアプリ」を開発 スタンプ機能を搭載

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/04/20 08:15 https://markezine.jp/article/detail/36141

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング