SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クックパッド×ヤマト運輸×観光農園、自分で朝採れ果物が当日届く「オンライン果物狩り」開催

 クックパッドは、オンラインマルシェ「Komerco(コメルコ)」にて、自宅にいながら果実の収穫を体験でき、自分の選んだ朝採れ果物が当日届く「オンライン果物狩り」を、各地域の生産者と連携して2021年6月から3ヶ月間にわたり開催する。

 同企画は、事前に果物代金をふくむ参加費を支払った参加者と、果物狩りを行う農園をオンラインでつないで開催されるもの。

 果物狩り当日の午前中に、「Zoom」で農園と参加者をつなぎ、生産者が農園や収穫する果物について参加者へ映像と音声で説明する。その後、生産者と参加者が会話しながら、旬の果物を収穫する。

 オンライン果物狩り終了後、ヤマト運輸によって最短で当日中に参加者の自宅へ収穫した果物が届けられる。

 なお、当日配送対応エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、山梨県、茨城県、群馬県。また、当日配送対応エリア外でも参加だ。

 第1回は茨城県のメロン農家と連携して「オンラインメロン狩り」を2021年6月6日(日)に開催。その後は7月に山梨県の「もも」、8月は山梨県の「ぶどう」と、それぞれの果物が旬を迎える時期に開催される。

 新型コロナウイルス感染症拡大により、果物狩りを営む観光農園も、園者の減少に悩まされ、果物の廃棄に追い込まれる農園も出てきている。一方で、昨今は、新しい生活様式が浸透し、ECでの商品購入やSNSなどデジタル上でのコミュニケーションが増加している。

 この状況を受けてクックパッドとヤマト運輸は、自社EC、ヤマト運輸の輸配送ネットワーク、オンラインコミュニケーションツールを組み合わせ、生産者の販路拡大を支援する取り組みとして同取り組みを実施するに至った。

【関連記事】
生産者がコマースライバーに!ヤマト運輸とSHOWROOM、ライブコマースで販売支援する取り組み開始
ショップチャンネルとC Channelが業務提携 ライブコマース事業を開始
日本ユニシス、自社のECサイトでライブ配信での商品販売を可能にするライブコマースサービスを提供開始
クックパッド、アプリ内に送料無料の買い物機能を追加 新たな流通プラットフォームを形成
ヤマト運輸、Amazon Alexaへスキル提供 音声で配達予定の確認&変更が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/20 16:45 https://markezine.jp/article/detail/36370

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング