SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Kaizen Platform、動画制作から活用までを支援 4つのサービスラインナップを提供開始

 Kaizen Platformが、動画ソリューションのリニューアルを実施。データドリブンに成果をこだわった動画制作プラットフォーム「KAIZEN VIDEO」に加え、目的別に動画活用を支援する4つのサービスラインナップを新たに整備した。

  • 広告活用を目的とした「KAIZEN AD」
  • リモート営業での活用を目的とした「KAIZEN Sales」
  • Webサイトでの活用を目的とした「KAIZEN VX(Video Experience)」
  • CS(カスタマーサポート)での活用を目的とした「KAIZEN CS」

 動画の需要は、2020年の5G実用化や昨今のコロナ禍による非対面・非接触が推奨されるなどの生活様式の変化により、様々なシーンに広がっている。一方、多くの企業が動画活用を推進するなかで動画の制作が目的となり、動画本来の特徴を生かせていないケースも出てきている。

 そこで、動画クリエイティブの制作だけではなく、その先の活用までをトータルでサポートすることを目的に、ソリューションのリニューアルを実施するに至った。

【関連記事】
アドインテとKaizen Platformが協業 メーカー・小売における動画広告の制作と配信を支援
メディア総接触時間は過去最高の450.9分/日 動画視聴が増加【博報堂DYメディアパートナーズ調査】
リチカ、ブランディングテクノロジーの「テクムビ」と連携 製造業の技術品質を動画化
TikTok For Business、広告主向け動画編集ツールを提供開始 楽曲やフォントも利用可能
インテージ、自動で最適な販促動画を設定・配信する「楽ラク!デジボード 定番長」β版を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/04 16:40 https://markezine.jp/article/detail/36485

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング