SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三越伊勢丹、BtoB向けWebサイトを開設 クライアントのマーケティングやブランド設計の支援を強化

 三越伊勢丹のビジネスソリューション事業部は、2021年6月23日(水)にBtoB向けのWebサイトを新たに開設した。

 同事業部は、2021年4月に旧「法人事業部」からの名称変更を実施。今回新たに開設したサイトを通じ、サステナビリティを基軸にした「環境デザイン」「D2C」「地方創生ソリューション」などを発信する。またこれに合わせて、グループ会社のネットワークを活かした13のビジネスソリューションプラットフォームを構築し、百貨店の枠を超えたソリューションビジネスの展開拡大を図る。

 構築するビジネスソリューションプラットフォームは次の13種。

1.ノベルティ企画・生産
2.ロイヤリティプログラム
3.福利厚生・贈答品
4.商品開発(OEM・ODM)
5.アライアンス事業開発:協業モデル、アライアンスモデル等
6.EC・システム開発
7.コンサルティング:MD戦略支援等
8.店舗開発・イベント運営
9.環境創造・建装事業
10.広告出稿
11.人材・研修プログラム
12.物流・フルフィルメント
13.決済事業

 各ソリューションの提供においては、クライアントの要望に合わせてグループ各社や外部アライアンス企業と連携。ビジネス・ブランド設計から商品開発、システム構築、生産管理やフルフィルメント、マーケティング、店舗展開までを一気通貫で支援する。

 また、百貨店事業で培ってきたモノ作りやネットワークをベースに、地方の生産者・メーカーと消費者が継続的につながるビジネスモデルをプロデュースする。

【関連記事】
三越伊勢丹オンラインストア、スナップ機能を提供開始 スタッフの着用画像から商品購入が可能に
webサイトのビジネス貢献度1位はオムロン/ダイキンが大幅ランクアップ【BtoBサイト調査2021】
WACUL、マーケティングDX促進のための「人材研修」提供へ BtoB企業向けオンライン研修から開始
AI推定採寸のBodygram、顧客が提供した採寸データを閲覧可能なBtoBサービスの提供を開始
BtoBマーケティング、「顧客データのデジタル化」を強化したい企業が3割【帝国データバンク調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/24 15:00 https://markezine.jp/article/detail/36651

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング