SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Amebaがオラクルと連携、コンテクスチュアルターゲティング広告配信メニュー提供

 サイバーエージェント運営の「Ameba」は、ユーザーのプライバシーを守りながら効果の高いターゲティング広告の提供を図るため、ブランド広告主向けの広告メニューにおいて、コンテクスチュアルターゲティング機能を提供する「Oracle Advertising」の「Oracle Contextual Intelligence」を使用した広告プランの提供を開始した。

 「Oracle Contextual Intelligence」のコンテクストに基づくターゲティング機能を用いてAmebaブログ記事のキーワードや文脈を詳細に解析・セグメント化し、商品・商材の訴求ポイントと関連性の高いブログ記事へ広告配信するもの。

 これによりポストCookie時代に対応するとともに、Ameba独自のターゲティング配信と掛け合わせることで、より目的に合わせたターゲット層を捉えることが可能となる。また、「Oracle Contextual Intelligence」のブランド・セーフティ機能を利用することで透明性の高い広告配信も同時に実現される。

【関連記事】
アイレップ、Cookieに依存しない広告施策の支援体制を強化 配信と計測の両面から企業をサポート
Supership、Novatiqと提携 Cookieレス対応の広告配信プラットフォームを構築
オプト、統合データ活用プラットフォームサービスを開始 企業のCookieレス対応を支援
Legolissが「ZEFR」の販売を開始 動画広告のターゲティング配信をCookieレスで実現
Supershipとオラクルが連携 Cookieレス対応とアドベリフィケーション機能の強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/29 16:15 https://markezine.jp/article/detail/36677

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング