SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アスクルのDXを推進する宮澤氏が解説!強いマーケティング組織を作る秘訣【MarkeZine Day】

 MarkeZineは、2021年9月7日(火)~8日(水)の2日間「MarkeZine Day 2021 Autumn」をオンラインにて開催する。

 9月7日(火)13:40~14:25に行われるセッション「環境変化に対応できる強いマーケティング組織を作る/BtoB事業を中核ビジネスとするアスクルが進めるDXと人材育成」には、アスクル 執行役員 CDXO(チーフ・デジタルトランスフォーメーション・オフィサー) テクノロジスティクス本部長の宮澤 典友氏が登壇。コロナ禍や多発する災害など、ビジネス環境の変化に対応できる「強いマーケティング組織」をテーマに講演する。

 大きな変化が起きたとき、企業はそれまでの延長線上でビジネス・マーケティングを行うのではなく、パーパスに立ち返り、顧客・社会との関係を新たに構築しなおすことが必要になる。アスクルは昨年、コロナ禍での衛生用品の買い占めなどに対応すべく、顧客の属性や購買データから、本当に必要とするユーザーを特定し優先的に提供。この「売らないマーケティング」の取り組みは、「NIKKEI BtoB デジタルマーケティングアワード」大賞・ブランディング賞を受賞した(参考記事)。

 今求められていることを的確に捉え、素早く実行に移す人材・組織をいかに育て、危機に備えるか。データやテクノロジーの力を最大限活かすためには。同社が数年前から取り組んできたDX、人材育成の様子を交えてお伝えする。

【開催概要】

イベント名称:MarkeZine Day 2021 Autumn

登壇セッション:環境変化に対応できる強いマーケティング組織を作る/BtoB事業を中核ビジネスとするアスクルが進めるDXと人材育成

スピーカー:アスクル株式会社 執行役員 CDXO(チーフ・デジタルトランスフォーメーション・オフィサー) テクノロジスティクス本部長 宮澤 典友氏

日時:2021年9月7日 (火)13:40 ~ 14:25

会場:オンライン

参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/26 09:30 https://markezine.jp/article/detail/37059

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング