SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プレイド、Emotion Techをグループ会社化へ NPSなどサーベイ分野における事業拡大を目指す

 プレイドは、Emotion Techの発行済み株式の64%を取得し、同社のグループ会社化を決定した。

 プレイドは、CXプラットフォーム「KARTE」の開発・運営を行う企業。一方のEmotion Techは、顧客の感情やフィードバックデータを軸としたCX向上ソリューション「EmotionTech CX」を提供する企業だ。

 今回の株式取得により、両社はサーベイ分野への事業拡大のほか、KARTEとEmotionTech CXを組み合わせたサービスの提供を目指す。具体的には、サイト上でのリアルタイムな行動データとNPS(ネット・プロモーター・スコア)およびそれに紐付く感情データを掛け合わせた解析やアクションが可能に。両社サービス間の連携により、支援先における顧客の解像度を高められるほか、新たなソリューションの開発も可能となる。

 また、人材面における交流も促進。クロスセルの加速や共同ソリューションの開発、相互のプロダクト強化によるレベニューシナジーを追求する。

【関連記事】
プレイドと三井物産、新会社「.me」を設立 データを活用したブランド開発やメーカーのDX推進を支援
プレイド、事業開発組織「STUDIO ZERO」を創設 データを軸に産業の振興を目指す
凸版印刷とEmotion Tech、「GXスコアリング」を提供開始 商品の情緒的価値を数値化
法人向けSaaSのCXを簡易診断 プレイドとEmotion Techが共同で提供開始
トレタとダイヤモンドダイニングが共同で「焼鳥IPPON」を開発、個人注文・個人会計など新しいCX提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/27 16:45 https://markezine.jp/article/detail/37144

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング