SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

動画経由のROASが1.5倍!ショップジャパンが語る、CVを獲得できる「運用型クリエイティブ」

 通販ブランド「ショップジャパン」を展開するオークローンマーケティングは、ECでの拡販にあたり動画広告の強化を開始した。しかし、動画の制作にリソースやコストがかけられないという課題があった。そんな中ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)のサポートのもと、運用型クリエイティブクラウド「リチカ クラウドスタジオ」を導入。Webに最適化した動画クリエイティブの制作とPDCA、まさに「運用型クリエイティブ」の考え方を実現することで、静止画に比べて動画からのROASが約1.5倍に改善したという。コンバージョン獲得につながる動画クリエイティブのポイントを、4人の担当者に聞いた。

動画素材があるのに、動画が制作できない悩み

※感染対策を行い取材・撮影を実施しました。

──オークローンマーケティングが、デジタルメディアでの動画広告を強化しようと考えた背景と、これまでの動画活用について教えてください。

陸浦:私たち、ショップジャパンを運営するオークローンマーケティングは、テレビ通販のダイレクトマーケティングで成長を続けてきた会社です。しかし現在は、様々なデジタルメディアが登場し、5Gの提供エリア拡大も進むなど「動画を見ること」が当たり前の環境となっています。このような変化を受けて、私たちもあらためて動画に注力したいと考えたのです。

株式会社オークローンマーケティング
Shop Japan Channel Dept. E-commerce Div.
Web Creative Sec. Senior Staff 陸浦 圭太氏

陸浦:これまでは、テレビ通販用に制作した動画クリエイティブを編集し直し、自社のFacebookページ内や広告などで配信してきました。しかし、テレビ通販に特化した動画クリエイティブですから、Web用の再編集が難しいのが正直なところです。どうにか短尺の動画にまとめても、十分に商品メッセージを訴求しきれていない課題がありました。

──Web動画はサイズも様々なものがあるので、その分だけクリエイティブを用意しなくてはなりませんよね。

陸浦:はい。しかし社内のリソースも限られていましたし、制作会社に依頼するコストも考えると、なかなか思うように動画の制作ができていませんでした。

クリエイティブを高速で検証・改善できる「リチカ クラウドスタジオ」

──ADK MSの小山さん、正木さんにうかがいます。オークローンマーケティングが抱えるような動画制作の悩みは、多いのでしょうか。

小山:Web動画の効果最大化には、大量のクリエイティブでPDCAをスピーディーに回すことが重要です。しかし、必要なクリエイティブ制作にリソースやコストをかけられないと悩むクライアントさんは、一定数いらっしゃると思います。

 そこで今回私たちからは、オークローンマーケティングさんにリチカ クラウドスタジオの活用をご提案いたしました。

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ
グロースマーケティングセンター 第2アカウントマネジメントユニット
第2アカウントグループ アカウントエグゼクティブ 小山 宗一郎氏

正木:リチカは、簡単に動画制作ができる点が特徴です。用意された多彩な動画フォーマットに沿って制作するため、制作会社へ外注するよりもスピーディーかつコストが抑えられます。オークローンさんに限らず、「クオリティの高い動画を大量に予算内で制作したい」クライアントの課題解決に適しています。

──ADK MSからリチカ活用の提案を受けて、いかがでしたか。

陸浦:とてもいいなと感じた反面、「私たちだけでリチカを使いこなせるか?」の心配はありました。しかし、ADK MSさんがディレクションのサポートに入っていただけることで、知見の共有やPDCAを回すノウハウが得られるところにも期待し、導入を決めました。

次のページ
リチカなら、「AIBAC」のフレームで動画を最適に設計できる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/17 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37533

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング