SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

学習データを基にAIがレシピを考案 サッポロビールと日本IBMが商品開発システムのテスト運用を実施

 サッポロビールと日本アイ・ビー・エムは、AI技術を活用したRTD(※)商品開発システムのテスト運用を実施した。

※「Ready to Drink」の略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料。

 両社は、味覚コンセプトから味を創造する新たな商品開発スキームの実装を目指し、同システムを構築。アルゴリズムの作成にあたり、過去のレシピの官能評価データと採用された香料の特徴に関する情報をAIに学習させた。

 同システムでは、商品コンセプトに基づく「香味特徴」と「目標とするプロファイル」が入力されると、学習データを基にAIが分析を行い、合致するレシピ(推奨配合骨格と推奨香料)を出力。これにより、従来は技術者の経験や技術の伝承を必要としていたレシピ考案の効率化と、人が思いつかない新規性をともなうレシピの創出を可能にする。

 両社はテスト運用において、出力された配合に沿って作った試作品がコンセプトに合致した良好な香味であることを確認。また、レシピの検討時間を従来の50%以下に削減した。今後は2022年の実装に向け、協議を進めていく。

【関連記事】
TOKYO FMとサッポロビール、聴取データと購買データを突合し提供番組・CMの出稿効果を検証
サッポロ、電子レシートアプリと店舗と連携したフードテックサービス構築の実証実験
ADK SM×IBM、改善に留まらない新サービス開発法「Innovation FISH」の提供を開始
「Ameba」ユーザーの声を基に商品開発 買えるAbemaTV社がD2C型のスキンケアブランドを始動
購買レシートを基に企業の商品開発や販促を支援 フェリカネットワークスが「コンビニBIラボ」を開始へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/05 13:30 https://markezine.jp/article/detail/37708

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング