SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オンラインイベント主催経験はコロナ禍で9割に/オンラインコミュニティは交流に課題【Peatix調査】

 Peatixは昨年に引き続き「イベントに関する調査2021」を実施し、結果を公開した。

オンラインイベントの主催経験、コロナ禍前後で1割強から9割に

 コロナ禍以前に「オンラインイベント」を開催したことがなかった主催者は82.9%だったが、現在は90.4%の主催者が「ほとんど」「まれに」オンラインイベントを開催すると回答した。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

コミュニティの参加数に変動なし/交流・つながりは減少

 コミュニティに「1つ以上」参加していると答えた人に、参加するコミュニティ数について質問したところ、最も多かったのは「変わらない」の40.3%だった。次いで「増えた」が「減った」より若干多く32.9%という結果に。一方、参加するコミュニティ内での「交流・つながり」は「減った」という回答が最も多く、約半数を占めた。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

コロナ禍収束後もハイブリッド開催を検討する主催者は7割以上

 イベント主催者に「新型コロナウイルス感染症の収束後」にどのような形式でイベントを開催する予定かを聞いたところ、37.8%の主催者が「ほとんどのイベントはオンライン」と回答。会場に参加者を集める一方でオンライン配信も行う「ハイブリッドイベント」を検討している人は、78.3%を占めた。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

【調査概要(イベントデータ)】
期間:2019年7月3日(水)~2021年7月2日(金)
対象:日本国内のイベント331,402
参加ユーザー数:2,208,565名

【調査概要(アンケート)】
期間:2021年6月25日(金)~2021年7月2日(金)
対象:イベント参加者、主催者
手法:ランダムに配信先を抽出し、メールにて回答を依頼
有効回答数:415(主催者)、1,714(参加者)

【関連記事】
2021年4~9月、Instagramトレンドのグルメ部門1位は「#チーズ」【パスチャー調査】
リアル店舗とオンラインショップ、どう選ぶ?【ネオマーケティング調査】
企業の53%が「他社との競争が厳しくなっている」と回答【ガートナー調査】
コロナ収束後にセミナーへ参加したい人は32.5%、ウェビナー派を上回る【シャノン調査】
企業に魅力を感じる要因、「リアルで知った」が約7割【電通PR調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/08 16:15 https://markezine.jp/article/detail/37723

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング