SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、組織横断型プロジェクト「HAKUHODO EC+」発足 EC事業をワンストップで支援

 博報堂は、博報堂DYグループ内のEC領域のナレッジやスキルを集約し、クライアント企業のEC事業を戦略構築から実装・運用までフルファネル、ワンストップでサポートする「HAKUHODO EC+」を発足した。

 同プロジェクトは、D2Cビジネスのシステム構築や、コールセンターや商品管理・発送業務などを担うコンタクトセンターなど、各社の様々なプロフェッショナル領域を活かすことで、戦略から実施に至るまで、幅広く支援する。

クリック/タップで拡大
主な対応領域(クリック/タップで拡大)

 なお、「HAKUHODO EC+」は博報堂をはじめとするグループ9社が推進する、オンライン/オフライン領域で生活者に新しい買い物体験を提供する戦略組織「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」の傘下の取り組みとして活動する。

【関連記事】
博報堂DYHD、Splinkと提携 ヘルスケア領域で生活者体験サービスなどを共同開発
博報堂、「Better Co-Beingプロジェクト」にてウェルビーイングを診断する指標を開発
博報堂と三井物産が「Earth hacks」の実証実験を開始 脱炭素関連の情報発信や商品開発へ
小売・メーカーの販促など支援 博報堂グループ9社が「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」を発足
脱炭素への関心度合いは約6割/「ポイント付与」や「貢献度合いの明示」が行動喚起に【博報堂調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/03 16:30 https://markezine.jp/article/detail/37893

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング