SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

TikTok運用の現場から!

TikTokで初速を上げるとInstagramも伸びていく。今のSNSマーケは「掛け合わせ」が超重要

 ユーザー層が拡大し、マーケティングツールとしても注目を集めているTikTok。本連載ではその最前線を、Pienの森泰輝氏とHADOの田中大雅氏とともに探っていく。3回目となる本記事では、マーケティング成果を創出するために、TikTokを他のSNSとの掛け合わせながらどのように使っていくかを考える。

TikTok最大の強みは、潜在層への拡散力

MarkeZine編集部(以下、MZ):ここまでの記事では、TikTokのプラットフォームとしての特徴と、広告プロダクトについてうかがいました。今回は、マーケティングコミュニケーションツールとしてのTikTokについて、より詳しく教えていただけばと思います。

田中:TikTok最大の強みは、潜在層への拡散力です。つまり、新規ファンの「開拓」に向いているSNSと言えます。TikTokは発信者のフォロワー数に限らず、優良なコンテンツを評価し、適切なユーザーに届ける独自のアルゴリズムを採用しています。そのためInstagramやTwitterといったSNSでリーチするのが難しかった既存フォロワー以外の潜在層に、継続的にアプローチしやすいのです。

 しかし、そんなTikTokにも一つ欠点があります。それは、資産性が低いこと。アカウントに“ファン”が溜まりづらいのです。TwitterやInstagramに比べて、既存フォロワーとのコミュニケーション接点が少ないため、ファンになってもらうためのハードルが高く、ある日急に再生数が落ちたり、動画によって再生数が全然違ったりといった変化が起きることがあります。

各SNSの特徴(提供 HADO)
各SNSの特徴(提供 HADO)

田中:だからこそ、マーケティングにおいては、TikTokと他のSNSを掛け合わせて運用することが鍵になります。逆に資産性が高いのは、InstagramとTwitterです。TikTokとYouTubeでリーチをどんどん広げて新規層を獲得し、Instagram、Twitterに流れてもらい、フォローしてもらう。これが現時点ではもっとも理想的なサイクルですね。

TikTokで初速を上げるとInstagramも伸びていく

森:よくTikTokの動画の続きをYouTubeに置いて遷移させる設計がみられますが、YouTubeとTikTokはともに新規集客が得意で資産性がないプラットフォームなので、お互いに獲得した新規客を流しあうのは得策ではないと思います。田中さんが言う通り、YouTubeとTikTokでそれぞれ集めたユーザーをInstagramなどに誘導するのが、定石です。

Pien株式会社 代表取締役CEO 森泰輝氏
Pien株式会社 代表取締役CEO 森泰輝氏

田中:たとえば当社で運用している「ギフト侍」(@gift_zamurai)は、TikTokのフォロワーが約21万に対して、Instagramは5.8万ぐらいです(2021年12月29日時点)。流入としては、Instagramからの検索が7割、TikTokが3割。ライブ配信なども行っていないので、何もしなくても1.7万程度はTikTokから流れてきてくれた感じです。

株式会社HADO 代表 田中 大雅氏
株式会社HADO 代表 田中 大雅氏

森:ギフト侍は最近、Instagram、LINEでのフォロワー数の伸びが加速していますよね。Instagramは一定数のフォロワーがいないとなかなか伸ばしにくいので、まずはTikTokからの流入でInstagramのフォロワー数を一定まで増やしていくのがおすすめです。逆に一定数を超えると、Instagram内でフォロワーが増えていきます。ギフト侍は今まさに、そのフェーズに入りつつあるのだと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
他SNSとの掛け合わせが上手いアカウントを、一挙紹介!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
TikTok運用の現場から!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

那波 りよ(ナナミ リヨ)

フリーライター。塾講師・実務翻訳家・広告代理店勤務を経てフリーランスに。 取材・インタビュー記事を中心に関西で活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/17 09:00 https://markezine.jp/article/detail/37933

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング