SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Japan Branding Awards」の受賞ブランドが決定 最高賞はLIFULLと龍谷大学に

 インターブランドジャパンは「Japan Branding Awards」の第4回受賞ブランドを発表した。

受賞ブランド(表記は敬称略、受賞ブランドのアルファベット順)
受賞ブランド(表記は敬称略、受賞ブランドのアルファベット順)

 インターブランドジャパンは、ロンドン・ニューヨークに次ぐインターブランド第3の拠点として、企業や官公庁など様々な組織・団体のブランディングを支援する企業だ。同アワードでは、優れたブランディングを実行している組織(企業・団体、事業、製品・サービス)を選出。ブランド戦略やクリエイティブ開発、コミュニケーション活動を含むマーケティング活動全般において、それぞれの活動が有機的に結びつき、効果の創出に貢献しているかを複合的に分析・評価した。

LIFULLの評価コメント
LIFULLの評価コメント
龍谷大学の評価コメント
龍谷大学の評価コメント

 アワード最高賞の「Best of the Best」をLIFULLと龍谷大学に授与。優れた取り組みを受賞対象とする「Winners」には、ライオンの「キレイキレイ」や全国労働者共済生活協同組合連合会の「こくみん共済 coop」などを選出した。

【関連記事】
デロイト デジタル、国内外のブランデッドムービーを表彰するアワードを新設 受賞者とのコラボも検討
検索数が最も急上昇した人物は?/大谷翔平選手が大賞とアスリート部門賞をダブルで受賞【ヤフー調査】
第70回日経広告賞が決定 KINCHOが大賞に/「パーパス・ESG部門」の最優秀賞は積水ハウスが受賞
第2回「日経ウーマンエンパワーメント広告賞」が決定 東海テレビ放送、味の素冷凍食品らが受賞
プレイドとJ-WAVE、「CX AWARD 2020」発表 YOASOBI・あつ森・カインズらが受賞

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/14 17:00 https://markezine.jp/article/detail/37963

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング