SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

主婦・ママ層を狙うならTikTok!社員が語るユーザー増加の理由、アプローチの秘訣

 2021年10月、TikTok For Businessは「主婦・ママ白書」を発表した。本記事では、TikTok For Business Japanのハーマン・チャン氏に白書の内容、そしてTikTokで主婦・ママ層にアプローチする際のポイントを語ってもらった。

ショートムービーとの相性の良さで増える主婦・ママ層

MarkeZine編集部(以下、MZ):TikTok For Businessが発表した「主婦・ママ白書」では、主婦・ママ層のTikTokユーザーが増加していると書かれています。具体的にはどの程度増えているのでしょうか。

ハーマン:AppAnnieのデータでは、2021年6月時点でTikTokユーザーの3人に1人が25~44歳と出ています。また、25~44歳女性の4人に1人が主婦ユーザー(2021年5月時点)であることがわかっており、主婦・ママ層ユーザーは日々増加を続けています。若者向けアプリだと思われている方もいるかもしれませんが、主婦・ママ層も大きなボリュームを占めるようになりました。

TikTok For Business グローバルビジネスマーケティング ブランドストラテジー シニアブランドストラテジスト ハーマン・チャン氏
TikTok For Business Japan グローバルビジネスマーケティング ブランドストラテジー シニアブランドストラテジスト ハーマン・チャン氏

MZ:では、実際に主婦・ママ層はどのようにTikTokを利用しているのでしょうか。

ハーマン:TikTokを利用する主婦・ママ層のインサイトを調査した結果、以下の5つが浮き彫りになってきました。ここからは、それぞれのインサイトについて解説します。

1.忙しい、時間がない。

2.限られた時間で、最新情報に幅広く触れたい。

3.主婦だって、ほっとする自分の時間が必要。

4.自分の生活に近いリアリティに共感。

5.家族とのコミュニケーションが生まれる。

ショートムービーと相性の良い主婦・ママ層

ハーマン:1つ目のインサイトが、「忙しい、時間がない」です。主婦・ママ層がTikTokを利用するタイミングを見ると、作業の合間に見られることが多く、家事や育児などに追われて30分以上の時間が取れない主婦・ママ層にとって、ショートムービーが非常にマッチしているようです。

 実際に定性インタビューでは、「3分の動画とか短くない!?って最初思ったけど、実はこのほうが自分の生活にマッチしていた」など、短尺で完結するTikTokの動画が受け入れられていることがわかりました。さらに、「コンテンツの長さや量がちょうど良い」の回答が主要プラットフォーム3社平均比で164%と高い数字を記録しました。

 このようなインサイトもあり、短時間で料理のレシピを紹介する動画や掃除のライフハックまとめ動画などが人気を集めています。

次のページ
多様なTikTokのコンテンツが貴重な情報源に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/24 10:00 https://markezine.jp/article/detail/38044

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング