SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、Webサイトの情報過多などを解決する「UI/UX Diet Circuit」を開始

 電通デジタルは、サービスの煩雑さを定量的に評価するGOMS-KLMモデルを起点にUI/UXのシンプル化を支援する「UI/UX Diet Circuit」の提供を開始した。

 同社はこれまで培ってきた知見と実績をもとに、企業がユーザーに対し、使いやすいサービスを提供するため、機能や情報過多になっているUI/UXをシンプルで直感的なものへとグロースさせる支援を行う。

GOMS-KLMモデル
GOMS-KLMモデル

 具体的には、GOMS-KLMなどを活用しサービス評価と課題抽出を行い、初期仮説をもとにオンラインワークショップを開催。シンプルかつ使いやすさを追求することで、ユーザーの利用障壁を極限までなくすためのアイディエーションを行う。

 さらに、ワークショップで創出したアイデアをもとに、プロトタイプツールを利用し短時間でプロトタイピングを行い、ストーリーボードの内容を可視化する。最後に完成したプロトタイピングを、実際の利用者に対してオンライン上のリモートユーザーテストを行い、その受容性や現状サービスとの比較検証を行っていく。

【関連記事】
電通デジタル、デジタルサービス開発を行うための実践型研修プログラムの提供を開始
電通デジタル、UXに強い組織づくりのノウハウを型化した「UX組織開発プログラム」を提供
デジタルネイティブ世代の「自己表現消費」傾向が強化/消費行動3フェーズの特徴【電通デジタル調査】
電通デジタルとアサヒビールが合弁会社「スマドリ」を設立 デジタルでお酒の飲み方の多様性を推進
コロナ収束後の来店頻度、外食は7割が「戻る」一方、銀行は8割が「今のまま」と回答【電通デジタル調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/03 10:15 https://markezine.jp/article/detail/38246

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング