SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

動画の注視箇所を予測しクリエイティブを修正 アイレップが「H-AI EYE TRACKER」の提供へ

 アイレップは「アイトラックAI」を活用した広告動画制作サービス「H-AI EYE TRACKER(エイチ・エーアイ・アイ・トラッカー)」の提供を開始した。

 同サービスでは、AIがアイトラッキングデータから人の注視傾向を学習。広告動画における注視箇所を数分で予測し、ヒートマップで可視化する。

 また視線誘導に失敗している広告動画に対し、クリエイティブの修正とアイトラックAIによる再判定を実施。このプロセスを繰り返すことにより、配信・出稿前の検証を可能にする。

【関連記事】
CA子会社、コネクテッドテレビに特化した動画広告「インクリー」の提供を開始
エブリーとWED、マーケティング支援領域でサービス提携 レシピ動画広告視聴者の購買状況を可視化へ
バルクオム、動画広告のクリエイティブ制作にLetroStudioを導入
スイッチメディアが「テレビ注視データ」の提供を開始 視聴質を考慮したメディアプランニングを実現
テレビ朝日映像、企画から広告展開までを一気通貫で行う「動画制作サービス」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/09 17:00 https://markezine.jp/article/detail/38307

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング