SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第89号(2023年5月号)
特集「テレビ×マーケティング2023」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

【参加無料】「BEAMSならではの顧客体験を重ね、エンゲージメントを深める」ために何をしている?

 MarkeZineは、2022年3月9日(水)~3月10日(木)の2日間にわたり、「MarkeZine Day 2022 Spring」をオンラインで開催する。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

 3月10日(木)の10時00分から行われるセッション「「お客様との相思相愛」を目指して、BEAMSが進めるOMO戦略」では、with/postコロナ時代にも、その後のafterコロナ時代にも通用する企業であるために組織改編を実施し、全ての店舗・ECを管轄するカスタマーエンゲージメント本部(CE本部)を発足させたBEAMSが行っているオンライン/オフラインでの取り組みをが紹介されます。

 ECとリアル店舗それぞれの強みをどう生かしていくべきか? 店舗スタッフにOMOを理解してもらい、積極的になってもらうにはどうすればよいか? そんな課題を抱えるマーケターにおすすめの内容です。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2022 Spring
登壇セッション:「お客様との相思相愛」を目指して、BEAMSが進めるOMO戦略
日時:2022年3月10日(木)10:-00~10:40
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/05 17:00 https://markezine.jp/article/detail/38506

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング